トヨタが始めたKINTOってどんなサービス?

今回はトヨタが始めるサブスクリプションサービス「KINTO」について紹介します。サブスクリプションとは言いかえると定額制のことです。毎月決まった金額で映画が見放題になるネットフリックスやHuluといったサービスを思い浮かべると良いです。

ニッサン リーフe+航続距離と充電に関する不満を解消!でも売れ行きは微妙…

ニッサンは年初の1月23日に62kwhバッテリーで航続距離を大幅に伸ばしたリーフe+を発売しましたが、最近までの推移ではe+よりも従来の40kwh車のほうが売れ行きは好調な状況です。1月~2月下旬までのリーフ全体の受注累計は5000台で、当初見込みの計画を30%以上上回っていました。

【マツダがミニバンをやめたのはなぜか?】【トヨタのアルミテープってなに?】【自工会って何するところ?】【カーナビは衰退していくのか?】

マツダがミニバンから撤退する際にはさまざまなウワサが流れました。スポーツカーメーカーとして生き残りをかけるなどのウワサもありましたが、グローバルで160万台、国内25万台の販売台数のメーカーでは多くの車種を持つのは効率が良くありません。

新型N-WGN続報!、シャトル5月10日にマイナーチェンジ!!

ホンダは3月上旬にN-WGNの現行モデルのターボ車を生産中止としました。NA車はまだ継続販売していますが、5月にはNAもオーダーストップとなり、本格的な在庫一斉セールがスタートする模様です。次期型は6月にフルモデルチェンジする見込みです。また、最新の「ホンダセンシング」を標準装備します。

ミツビシは次世代SUVの3本柱に注力!!

ミツビシは今後のSUV戦略でRVR、エクリプスクロス、アウトランダーの3本柱で商品ラインナップの強化を図る方針のようです。RVRは2020年春にもフルモデルチェンジし、コンパクトサイズに特化し、量販戦略モデルに仕立てます。アウトランダーは2021年夏あたりの世代交代が有力になっています。

新型マツダ3発表はいつ?

マツダ3が4月12日に発表、5月24日に発売されるようです。(勇み足でしたね… 4月12日談)しかし、5月24日は1.5リッターガソリンエンジン車のみです。そして7月には1.8リッタークリーンディーゼル車と2リッターガソリンが、さらに10月にSKYACTIVE-Xが発売になります。

増産しているのに納期が延長しているジムニー/ジムニーシエラ

ジムニー/ジムニーシエラの販売状況は、3月初めには納期が早まる気配を見せていたのですが、3月中旬には再び伸びてしまったようです。年初までの納期はジムニーが半年、ジムニーシエラが1年でした。それが、3月上旬にはジムニーが5か月、ジムニーシエラが半年程度まで短縮できるグレードが出始めていました。

脂質異常症について知っておきたい5つのこと。

職場や地域の健康診断や人間ドックなどで見つかる「異常」で最も多いのがコレステロール値や中性脂肪値の異常です。これらは「脂質異常症」と呼ばれています。コレステロールや中性脂肪は脂質、つまり「あぶら」の一種です。血液中に脂質が多くても、少なくても、それだけでは何の自覚症状もありません。

知っておくべき!車両盗難の手口「リレーアタック」の被害防止策

新手の車両盗難手口である「リレーアタック」。昨年末頃から猛威が本格化しつつあると言われています。今回はリレーアタックについて紹介します。警察庁が今年2月に発表した自動車盗難認知件数によると、昨年はデータが残されている1959年以来、59年ぶりに1万件を下回り、8628件だったそうです。