日中の眠気の原因のひとつ、睡眠時無呼吸症候群とは?

以前の記事でジーボが睡眠時無呼吸症候群と診断されたときの話をしました。(いびきがひどくて睡眠外来に行ったら、睡眠時無呼吸症候群と診断された話

今回は睡眠時無呼吸症候群の一般的な情報について紹介したいと思います。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群はSleep Apnea Syndromeといい、頭文字をとってSAS(サス)と呼ばれたりもしています。

SASは睡眠中に何度も呼吸が止まった状態(無呼吸)や止まりかける状態(低呼吸)が繰り返される病気です。

一晩7時間の睡眠で30回以上の無呼吸(10秒以上の呼吸気流の停止)がある、または1時間あたりに5回以上の無呼吸がある場合にSASと診断されます。

SASの重症度

SASの重症度判定には無呼吸に低呼吸を加味した無呼吸低呼吸指数が用いられます。

無呼吸低呼吸指数

  • 1時間に5回以上15回未満=軽傷
  • 1時間に15回以上30回未満=中等症
  • 1時間に30回以上=重症

特に重症SASを放置すると、心筋梗塞の発症が健常者の3倍程度に高まり、10年間で約1割の方が死亡すると言われています。

SASの主な症状

SASでは睡眠中に何度も呼吸が止まってしまい、そのたびに呼吸を再開させるために脳が起きます。

このため十分な睡眠がとれず、日中に眠気が出たり、起床時に頭痛がしたり、夜間よくトイレに起きるといった症状が見られます。

症状

  • いびき
  • 日中の眠気や倦怠感
  • 不眠・中途覚醒
  • 起床時の頭痛・頭重感
  • インポテンツ(ED)
  • 抑うつ
  • 夜間頻尿など

日中の眠気は特に危険で居眠り運転などによる交通事故の原因のひとつとされています。

日中の眠気から

  • 交通事故
  • 産業災害
  • 仕事上のミス
  • 学業不振など

自動車事故のリスクが健常者に比べて数倍高くなる一方、繰り返す低酸素血症のために高血圧、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を引き起こすことも知られており、放置しておくと命に危険が及ぶ場合もあります。

合併症

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 脳血管障害
  • 虚血性心疾患
  • 糖尿病
  • 胃食道逆流症など

SASの原因と仕組み

SASには閉塞性無呼吸、低呼吸、中枢性無呼吸、混合性無呼吸があります。

閉塞性無呼吸

SASの分類の中で最も多いものです。肥満の方、首が太く短い方、アゴが小さい方などは、もともと気道が狭い構造になっています。このため、睡眠中のリラックスした状態の時に咽頭の筋肉や舌の付け根の筋肉が緩み、気道が更に狭くなり、空気が通りにくくなることで無呼吸状態となります。

健常者
無呼吸

低呼吸

気道が完全に閉じるのではなく、狭くなることで換気量が少なくなった状態を言います。

中枢性無呼吸

呼吸中枢からの呼吸刺激信号が停止するために、呼吸運動が停止して無呼吸を起こすタイプです。脳から呼吸指令が出なくなる呼吸中枢の異常です。

混合性無呼吸

中枢性で始まり、途中で呼吸運動が見られる閉塞性に移行するタイプです。

チェックリスト

最後にチェックリストを紹介しておきます。

下記の項目のうち、2項目以上当てはまる場合は、SASの可能性があります。

心配な方は受診をおすすめします。

  • 「ほとんど毎晩いびきをかく」と家族や周囲の人に言われる。
  • 「睡眠中に呼吸が止まる」と家族や周囲の人に言われる。
  • しばしば、首を絞められたような窒息感で目覚める。
  • 朝、目を覚ましたときにスッキリしない。(熟睡感がない)
  • 日中に眠気が強く、起きているのがつらいことが多い。
  • 居眠り運転で事故を起こしたことがある。
  • 夜中に2回以上排尿に起きる。
  • 寝汗をかくことが多い。
  • 寝相が悪い。
  • 肥満である。
  • 体がだるい。
  • 血圧が高い。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

<広告>

【YOKONE3】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする