トヨタ「プレミオ」・「アリオン」が統合し継続か?/トヨタ姉妹車1本化の方向性が決まる。「アクア」、「ヴィッツ」、「パッソ」は継続。

トヨタ「プレミオ」・「アリオン」が統合し継続か?

トヨタの「プレミオ」と「アリオン」ですが、先日の「カローラ」発売によって消滅すると思われていましたが、統合し、存続する可能性がでてきたようです。

トヨタの小型セダンである「プレミオ」・「アリオン」が9月17日に登場したカローラセダンが3ナンバー化したことで、2020年5月の全車を全系列で扱うように切り替わる時点でモデル廃止と見られていました。
しかし、2021年にフルモデルチェンジし、その時に「プレミオ」に統合して継続させる方針のようです。

カローラセダンは今回のフルモデルチェンジで上級シフトしましたが、市場ではコンパクトカーの上級バージョンという位置づけで、プレミオクラスとは違うという受け止め方が定着しています。そこで、「プレミオ」の次期モデルは2ℓセダンの再構築で対応するのが望ましいということで存続することになったようです。

搭載パワーユニットは2ℓガソリンエンジンと2ℓハイブリッドになると思われます。
但し、これは確定情報ではなく、カローラをベースとして更にクオリティアップした上級仕立てになる可能性もありそうです。

トヨタ姉妹車1本化の方向性が決まる

上記でも書きましたが、トヨタは2020年5月にトヨタブランドの全モデルを全国の販売店で併売することを明言しています。これに伴って基本コンポーネンツが同一のいわゆる姉妹車を一つのモデルに統合する見込みです。

例えば、アルファード/ヴェルファイアはあるアルファードに。ヴォクシー/ノア/エスクァイアはヴォクシーに。ルーミー/タンクはタンクにというように現在売れているモデルに統合される方向になるようです。
これらの統合は2020年中に行われる可能性が高いと見ています。

なお、5~6年で代替えする場合、車名が残るモデルの方が車名がなくなるモデルに比べて10万円以上も下取り額が高くなる傾向があります。
扱う販売店がユーザーに購入する商談の際にその旨を説明しており、これが姉妹車販売で明暗を分ける一因になっているそうです。

うーん。でも昨日エスクァイアの見積もりしてもらったけどそんな話は全くでなかったなぁ。

「アクア」、「ヴィッツ」、「パッソ」は継続

トヨタは国内向け販売車種の大幅削減に取り組んでいますが(本当か?)、コンパクトハッチバックモデルの「アクア」、「ヴィッツ」、「パッソ」はフルモデルチェンジ後も継続し、生産、販売する見通しです。

今のところでは2020年2月にヴィッツは「ヤリス」とネーミング変更してフルモデルチェンジし、「アクア」、「パッソ」は2021年に一新する方向で次期モデルの開発が進められています。

「ヤリス」と「パッソ」は1ℓ車がダブることから次期型では「パッソ」を1ℓ専用車として継続し、「ヤリス」は1ℓターボにして実質1.3ℓ~1.5ℓをカバーするようにしてコンセプト分けを明確にする方針です。

「アクア」はハイブリッド専用モデルであり、次期型ではサイズアップして上級コンパクトにする方向で開発が進んでいるようです。

それにしてもトヨタ車の車種大幅削減って本当にできるんでしょうか?
プレミオも継続、RAV4復活、3列SUVの開発、エスティマも次期型のうわさが出ているといった状況ではちょっと本当なのか疑ってしまいます。
ユーザーにとっては選べる種類が多ければ多いほど良いので増えることには反対しませんが、言ったことには責任を持ってほしいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

<広告>
【1円/時間】GMOインターネットのSSD「ConoHa VPS」
\【期間限定】/
秋のお得キャンペーン実施中
期間中にVPSメモリ2GBプランを新規申込すると【30日間】の本体利用料金が【20%OFF】
<キャンペーン期間>
2019年9月27日(金)18:00~2019年11月29日(金)18:00

▼キャンペーン詳細