ホンダ「エリシオン」のセルモーターが故障!修理費用は?

ジーボの愛車エリシオンが久々に故障となりました。
今年の春頃からエンジンのかかりが悪い時がしばしばあり、春にバッテリーを交換しました。
その後、回復したのですが、最近になってから再びエンジンがかかりにくくなっていました。
そして昨日の夕方、出かけるために家の車庫からエリシオンを出そうとしましたが、全くエンジンがかかりません。
キーを回してもセルが全く反応せず。
バッテリーが弱っているのか念のため確認するために、奥さんのクルマのバッテリーとつないでエンジンがかかるか試してみましたが、うんともすんとも動きません。
やむを得ず、ホンダディーラーへ電話し、症状を伝えると、予想としてはセルモーターの故障の可能性が高いとのことでした。
昨日はもうディーラーの閉店時間も間近だったので、今日自宅の方に出張してみてもらえないかお願いしたのですが、セルモーターの故障の場合は、出張では対応できないということでした。

そこでレッカーでディーラーへ運ぶことになりました。
ジーボはHonda Total Care会員だったため、この会員サービスの中にあった最寄りのHondaCarsへの無料搬送サービスというものを利用して搬送することになり、手続きを行いました。

そして、今日レッカーがエリシオンを取りに来ましたが、前の作業が遅れたために、レッカーの到着時間が予定していた時間より遅れました。
ジーボはレッカー到着予定時間の後に自分の予定があったため、作業に立ち会うことができませんでした。
奥さんから聞いた話によると、一人で来て、奥さんにエリシオンを押してくれないかと頼んでいたようですがそれは無理というもの。
結局、応援を一人呼んで二人で汗だくになってエリシオンを押して車庫から出したそうです。

ということで何とかディーラーへ届いて、今日の午後から原因調査が行われました。
結果は昨日の予想通りセルモータの故障でした。
修理について確認したところ、セルモータの交換または修理が必要とのことでした。
方法としては、

  1. 新品のセルモーターに交換する。
    この場合、費用は工賃込みで9万7千円ほど。
  2. 現状のセルモータを分解して壊れた部分を修理して使う。
    この場合の費用は工賃込みで4万3千円ほど。
  3. 外見えは古めかしいけど中身はしっかり修理されてるリビルド品を使って交換する。
    この場合も工賃込みで4万3千円ほど。
  4. 故障車や事故車などから正常と思われる部品を取り出して利用する中古品を使って交換する。
    この場合は工賃込みで3万6千円ほど。
    但し、中古品なので中身が完全に正常か確認していないもののため、いつ壊れてもおかしくない代物と言うリスクがある。

という4つを提案されました。

で、ジーボが選択したのは中古品です。
正直なところ、もうエリシオンにお金をかけたくないといのが本音です。
エリシオンにはまもなく引退してもらおうと考えています。
あと1か月ももってくれれば十分なので中古品を選びました。

本日は中古屋さんというのかジャンク屋さんというのかが休みの為、中古品の手配は明日以降になるとのことでした。
早ければすぐに見つかるらしいのですが、近くにない場合は送ってもらうなどの必要があるようなので今週いっぱいはエリシオンには乗れなさそうです。

以上、エリシオンのセルモーター交換費用についての情報展開でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

<広告>

バッテリー上がりにはジャンプスターターが便利!

【ジャンプスターター LUFT】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする