ニッサン「セレナ」マイナーチェンジ状況

8月1日にニッサン「セレナ」がマイナーチェンジされました。
フロントフェイスも変更されて上質な感じになりました。
また、安全デバイスも充実し、トヨタのミニバン3兄弟やホンダステップワゴンには設定のないアイテムも用意されています。
今回は「セレナ」のマイナーチェンジの内容についてお話します。

安全装備の充実

まず、運転をサポートしてくれるデバイスからですが、トヨタミニバン3兄弟、ステップワゴンより先にクラス初、ニッサン初の装備としてアダプティブLEDヘッドランプが上級グレードに装備されました。
現行モデルに採用されている自動ハイビームは先行車や対向車を検知するとロービームに切り替わる機構ですが、アダプティブLEDヘッドランプでは片側12個のLEDがそれぞれ点消灯して照射範囲を制御します。
この結果、眩惑させたくない対向車などを避けつつ、ハイビームで周りを照らすことができます。

また、セレナで初採用のリアクロストラフィック警告は後退出庫する際に左右から近づいてくるクルマを検知すると警告してくれます。(ただし、自動ブレーキの機能は含まれません)

同じく、車線変更時に死角を走っているクルマの存在を知らせてくれるブラインドスポット警告も初採用されています。
さらに、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)によって、警報音とともにブレーキを制御することで車両をもとの車線内に戻すような力を短時間で発生させ、車両との接触、衝突回避のためにステアリング操作をサポートします。
リアクロストラフィックとインテリジェントBSI+BSWは全車に標準装備されます。

このほか、これまで一部グレードにオプション設定されていた車線逸脱防止支援システム、踏み間違い衝突防止アシスト、標識検知機能、前後ソナーが全て標準化されました。
ニッサンはこれまで単眼カメラで衝突被害軽減ブレーキを成立させてきましたが、夜間の検知能力を高めるためにレーダーが加えられました。
JNCAPで夜間テストが加えられたことが影響していると思われます。

プロパイロット熟成で神経質な動きを解消へ

プロパイロットはマイチェン前のセレナから始まり徐々に熟成が進んできました。
先日高速道路上での車線変更を行ってくれるバージョン2.0がスカイラインに搭載されましたが、セレナには同一車線を巡行するベーシックなタイプが引き続き用いられています。
しかし、今回の手直しで下り坂で車速が上がってしまう点や制動時のフィーリングが改善され、ワイパー使用時の作動領域が広がりました。(例えばステアリング制御が可能に)
また、これまでは車線中央を維持する制御が忠実すぎて神経質な動きも見られましたが、改良後は違和感のない制御へ緩和されました。
なお、プロパイロットは引き続きオプション設定となっています。

最上級グレードに合皮シートを標準装備

エクステリアはフロントマスクを中心に大きく変更になりました。
特にハイウェイスターではラジエーターグリルのモチーフであるVモーションが二重に変わり、グリル内にもメッキが用いられて華やかな印象となっています。
一方リアではハイウェイスター専用のリアコンビランプが起用され、一段と縦方向のラインが強調されて独自性が打ち出されています。
また、アルミホイールの形状も見直されました。

ボディカラーには先々代以来のオレンジがラインナップされました。
ニッサン初採用の新色採用のサンライズオレンジPは有料色として用意され、ブラックルーフとの組み合わせによるツートンも選べます。
また、これまでNISMO専用色だったダークグレーMがカタログモデルに拡大展開され、こちらもブラックルーフのツートンが設定されています。
逆にダイヤモンドブラックP×ブリリアントシルバーM、カシミヤグレージュP×インペリアルアンバーの各ツートンやシャイニングブルーPは廃止されました。

内装ではハイウェイスターのインパネにメタリック調の加飾が施され、メーターパネルにもシルバーのアクセントが追加されて質素なイメージが払しょくされます。
トヨタが一足早く実用化している10インチ大型ナビ(高精細WXGA液晶)の設定も注目です。
また、ハイウェイスター以外の標準系に設定されているグレージュ内装はシート表皮を変更しました。
今回のマイナーチェンジを機に最上級グレードの専用インテリアとなった、プレミアム内装はブラック&ブラウンの合皮シートに変わり、さらにキルティング風のダイヤ柄ステッチがシートに施されて高級感に磨きがかかっています。

グレード展開ではe-POWERにも最上級のGグレードをラインナップしました。アダプティブLEDヘッドランプ、電子ルームミラー、前述したプレミアム内装などが装備されます。

ドアミラーのロック連動格納機能、すりキズが修復するスクラッチシールド、フロントドアの赤外線&UVカットガラス、運転席アシストグリップなどは全車標準装備となっています。

いかがですか?
ご購入の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

<広告>

【新車売れ筋ランキング】今もっとも人気のモデルは?

<広告>

世界にたった一つ、あなただけのドメインを登録しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする