所有者死亡による相続で軽自動車の名義変更を行う場合について

今回は「親が死亡して軽自動車を相続することになったけれど、名義変更はどうすればよいの?」という方に名義変更の手順について紹介します。

必要書類

以下は自家用軽自動車の所有者死亡に伴う相続で、名義・住所ともに変更となり、新所有者と新使用者が同一名義、使用の本拠の位置が変わるが、管轄(ナンバー)は変わらないケースで記載しています。

手続きに必要な書類は以下の通りです。

  1. 自動車検査証(車検証)原本
    ※コピーは不可です。

  2. 新しく所有者になる方の認印
    ※申請書に署名することで、押印に代えることができます。
    ※自動車検査証記入申請書または申請依頼書の使用者の欄に押印したものでも良いです。

  3. 新しく所有者となる方の認印
    ※新使用者と新所有者が同一の場合は新所有者の印は省略することができます。
    ※自動車検査証記入申請書または申請依頼書の所有者の欄に押印したものでも良いです。

  4. 車検証に記載されている所有者の方の戸籍謄本等(お亡くなりになった事実、新使用者及び新所有者が親族であることが確認できる公的機関が発行した書面)
    車検証の記載内容と戸籍謄本等に記載されている内容に変更がある場合には、変更があったことがわかる書面も必要となります。
    ※これらはコピー(複写)でも可能です。
    ※複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分が必要です。
    ※自動車検査証に記載の所有者から直接第三者への譲渡を希望する場合は、新しく使用者になる方の使用の本拠の位置を管轄する軽自動車検査協会へお問い合わせください。

  5. 新しく使用者となる方の住民票の写しまたは印鑑証明書
    ※いずれか1点を用意ください。
    ※発行後、3か月以内でマイナンバーの記載のないものを用意ください。
    これらはコピー(複写)でも可能です。
    ※複数ページで交付された書面の場合は、全ページ分が必要です。

手順

  1. 必要書類をそろえる。
  2. 書類を作成する。
    必要書類が揃ったら、できるだけ先に申請書類を作成しておきましょう。
    手続きの書類は枚数が多く、軽自動車検査協会へ行ってから作成するのは大変困難です。
  3. 必要経費を準備する。
    申請書類の用紙代、ナンバープレート代(変更する場合のみ)、その他交通費など
  4. 軽自動車検査協会へ出発。
    使用の本拠を管轄する軽自動車検査協会へ行きます。
  5. 車庫の届出手続きをする。
    軽自動車の場合は普通車と異なり、車庫証明(車庫届出)の手続きは自動車の手続きの後で行います。
    地域により義務であるところとないところがあります。
    窓口は自宅の住所を管轄する警察署ではなく、車庫の住所を管轄する警察署になります。
    自宅から車庫の距離は2㎞以内と定められています。

その他注意事項

  • 手続きに必要な申請書は窓口にて無料で受け取れます。
    ※自動車検査証記入申請書(軽第1号様式または軽専用第1号様式)

  • 軽自動車税申告書/自動車取得税申告書については軽自動車検査協会事務所・支所・分室近隣の関係団体の窓口で入手できます。
    ※新車届け出から4年以下のクルマの場合、取得税が別途かかる場合があります。(ただし、所有権留保解除(自動車ローン完済に伴う名義変更)及び相続の場合はかかりません。)

  • 手続きは新使用者となる方が、クルマを使う場所(使用の本拠の位置)を管轄する軽自動車検査協会事務所・支所・分室で行います。

  • 自動車検査証記載事項の変更については申請手数料は無料です。

  • 軽自動車検査協会事務所の受付時間は平日の8:45~11:45、午後は13:00~16:00までです。
    ※来所後、申請書類等を記入する必要があるので、時間に余裕をもって訪れること。(可能であれば事前に書類を用意し、記入できるところはあらかじめ記入しておくと時短につながります。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

<広告>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする