ホンダ「フリード」マイナーチェンジの先行情報が公開されました!

現行型

8月30日にホンダのWebページにフリードマイナーチェンジの先行情報が公開されましたね。
今回はこのページを見ての感想について紹介したいと思います。

今回の目玉はSUVテイストの新グレードCROSSTARですが、まずはその他のグレードについてです。
フロントフェイスが大幅に変更されました。
これまでフロントフェイス中央にホンダエンブレムがありそこからウィングが伸びている感じのデザインでしたが、ボンネットがウィング部分を覆うようなデザインとなりました。
その下にはこれまで直線基調だったエアインテークがハニカム構造のデザインになっています。

いやー大胆に変わりました。
しかし、第一印象はカッコ悪いと感じました。

Webの説明では凛とした表情となっています。
凛としたは引き締まったという意味になりますが引き締まった印象はありません。

ボンネットと同色のフロントフェイス中央の感じは昔のホンダ車の感じに似ています。
そこは良いのですが、その下にあるエアインテークと合わせて見るといかにも中途半端な印象です。
実物を見るとまた違った印象になるかもしれませんが、現時点の写真ではちょっと残念な感じがしました。

このデザインは今後、ホンダのニューカーのデザインベースになるのではないかと思います。
おそらくフィットも同じデザインテイストになるのではないでしょうか?

リアのデザインについては画像がないのでわかりません。
変更がないのかもしれませんね。

CROSSTAR(クロスター)

次はCROSSTARです。
CROSSTARはフロントフェイス中央にホンダエンブレムがあり、そこからウィングが伸びているこれまでのデザインを踏襲しています。
ウィングの形状が若干変わっただけのように見えます。
ウィング下のエアインテークは大きな6角形で二段に分かれた形状です。
入手していた情報ではヴェゼル似だという話でしたが、どちらかというとCR-Vに似ている感じです。
SUV感はフロント最下部にアンダーガードに見えるような銀色の加飾とルーフレールぐらいで、あまりSUVテイスト感がありません。
控えめな印象です。
全体的な印象としてはCROSSTARは少しは良くなったかなという感じです。
銀色の加飾と全体の最下部を黒で統一したことでノーマルグレードよりCROSSTARのほうが引き締まった感じを受けます。

デザインだけで考えると、CROSSTARのほうが売れるような気がします。
ただ、値段がどうなるか…。
現状ではお店に行かないとわからないので。

その他、機能面では後方誤発進抑制機能が新たに追加されています。
また、ホンダセンシングとして全車標準装備となりました。
但し、自動ブレーキ性能についてはこれまで通りのようです。
自転車に対応しているという記述がないので、残念ながらN-WGNの自動ブレーキと比べると性能は劣ると思います。

新型フリードは10月18日にデビューです。
その頃に実車を見に行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。