2019年09月一覧

トヨタ「プレミオ」・「アリオン」が統合し継続か?/トヨタ姉妹車1本化の方向性が決まる。「アクア」、「ヴィッツ」、「パッソ」は継続。

トヨタの「プレミオ」と「アリオン」ですが、先日の「カローラ」発売によって消滅すると思われていましたが、統合し、存続する可能性がでてきたようです。トヨタの小型セダンである「プレミオ」・「アリオン」が9月17日に登場したカローラセダンが3ナンバー化したことで、2020年5月の全車を全系列で扱うように切り替わる時点でモデル廃止と見られていました。

アイサイトVer4開発状況とスバルとヴィオニア

ヴィオニアの上層部とスバル上層部がこの夏に会談を行った模様です。テーマは大幅に開発が遅れているアイサイトVer4について。スバル側は「なぜ、ここまで開発が遅れているのか?いつになったら開発が完了する見通しなのか?」についてヴィオニアに問いただしました。

空飛ぶクルマ事業に消極的な国内クルマメーカー

4月上旬に住友商事がアメリカのベル・ヘリコプターと組んで大型ドローン事業に乗り出すと発表しました。この大型ドローンは「空飛ぶクルマ」とも呼ばれています。ベル社は既にウーバーやヤマトホールディングスとも提携しています。

ニッサン「セレナ」マイナーチェンジ状況

8月1日にニッサン「セレナ」がマイナーチェンジされました。フロントフェイスも変更されて上質な感じになりました。また、安全デバイスも充実し、トヨタのミニバン3兄弟やホンダステップワゴンには設定のないアイテムも用意されています。今回は「セレナ」のマイナーチェンジの内容についてお話します。

所有者死亡による相続で軽自動車の名義変更を行う場合について

今回は「親が死亡して軽自動車を相続することになったけれど、名義変更はどうすればよいの?」という方に名義変更の手順について紹介します。以下は自家用軽自動車の所有者死亡に伴う相続で、名義・住所ともに変更となり、新所有者と新使用者が同一名義、使用の本拠の位置が変わるが、管轄(ナンバー)は変わらないケースで記載しています。

アメリカ人は自動運転がお嫌い?!

イギリスの通信社ロイターがフランスの調査会社と調べたところではアメリカ人の3分の2近くが「完全自動運転のクルマは購入しない」と考えていることがわかったそうです。また、調査対象2222人中、回答者の63%は「自動運転機能のためにお金は払いたくない」と回答しており、「お金を出しても良い」と答えた人でも、41%は「2000ドル(約22万円)以上は払わない」という考えのようです。