軽自動車と普通車(コンパクトカー)の維持費を比較してみました。

今回は「軽自動車の維持費は本当に安いの?」と疑問に思っている方へのお話です。
実際に軽自動車とコンパクトカーで比較してどうなのかをハッキリさせます。
まずは維持費には何があるか確認してみましょう。

維持費としてどんなものがあるか?

軽自動車に限りませんが、クルマを維持するには様々な費用が必要になってきます。大まかに言って以下のような費用が必要になるとお考え下さい。

  • 軽自動車税や重量税
  • 車検費用(2年に1度)
  • メンテナンス費用
  • 燃料費
  • 任意保険
  • 自賠責保険

以下からそれぞれの内容とその一般的な費用について記載していきます。

軽自動車税や重量税

日本でクルマを所有するには車種ごとに定められた税金を納付する必要があります。
軽自動車にかかる税金は毎年4月1日に発生する軽自動車税と購入時や車検の時に必要となる重量税、購入時のみに必要となる取得税の他、消費税やガソリン税などがあります。
中でも特に維持費に影響するのは軽自動車税と重量税です。

軽自動車税

年度初めである4月1日に所有者(使用者)となっている人に納税義務があります。
年度末である次の年の3月31日までの1年分を支払う必要があります。
普通車は都道府県に納める税金であるのに対して、軽自動車は市区町村に納めます(地方税)

軽自動車税を万が一、滞納してしまうと、車検や名義変更ができなくなるので注意が必要です。

金額は減税がない場合で自家用乗用車で1万800円、自家用貨物車で5千円です。
一定の燃費基準をクリアした軽自動車には、グリーン化特例が適用され、最初に登録された翌年の軽自動車税が、およそ25%から75%減税されます。

最初に登録された年が平成27年3月31日以前であれば、軽自動車税の税額は7千200円です。
ただし、初登録から13年を経過した軽自動車の場合は、税額が割り増しとなり、1万2千900円となります。

重量税

新車を購入した時や車検時に車検証の有効期限分を前もって払う税金。
自家用乗用車を新車で購入した場合は3年分、その他の車種や車検の時には2年分を支払います。

軽自動車税が市区町村へ支払う地方税であったのとは異なり、重量税は国へ支払う国税になります。
重量税はその名の通りクルマの重量によって税額が異なっています。
しかし、軽自動車は優遇されており、重量に関係なく一律税額が決まっています。
自家用乗用車(3年)で7千500円、自家用貨物(2年)で5千円です。

また、軽自動車税と同様に排気ガスの浄化性能や燃費性能に優れているエコカーはエコカー減税が適用されます。
電気自動車など最も環境性能が優れている場合には初回の車検と2回目の車検は免税、その他のエコカーも初回車検で最大75%の減税を受けることが出来ます。
ただし、エコカーでない場合は6千600円、初登録から13年以上経過した軽自動車は7千800円~8千200円です。
更に初登録から18年以上経過した軽自動車は8千800円になります。
古い軽自動車に乗っている方は税金の負担が大きくなるので注意しましょう。

車検費用(2年に1度)

軽自動車の場合は用途に関係なく、2回目以降の車検はすべて2年ごとに受けなければなりません。

車検の際に必要となる費用は、上記で記載した重量税と自賠責保険や検査印紙代を含めた法定費用、向上に支払う整備費や点検費がかかります。
車検は国が定めた最低限度の安全基準である「保安基準」に適合しているかを検査します。
適合しない部分があれば修理をする必要があります。

当然、新しいクルマよりも古いクルマの方が高額になる可能性が高いです。

車検費用はディーラーや車検専門店、ガソリンスタンドなど、どこに依頼するかによって費用は異なります。
したがって、車検費用がいくらかは一概には言えません。

参考ですが、依頼整備や追加整備などをせず、法定費用と基本的な費用で比較した場合の車検費用はディーラーで7万円~8万円、車検専門店やガソリンスタンド、カー用品店で4万円~5万円が相場です。

メンテナンス費用

軽自動車に限らず快適にクルマを使用するためには日々のメンテナンスは欠かせません。洗車や室内清掃などもメンテナンスに含まれますが、ここでは消耗品に絞ってお話します。

バッテリー

現在の自動車ではエアコンやカーナビが当たり前になり、エンジンの燃費対策の代償としてバッテリーへの負担が大きくなっています。
その主な原因はアイドリングストップと充電制御です。
燃料の消費を抑えるためにエンジンを停止させるアイドリングストップは再始動させるためにバッテリーの電力を大幅に消耗します。
また、バッテリーへの過度な充電を防止し、エンジンの負荷を低減することで燃費を向上させる充電制御はバッテリーへの負担が大きく、バッテリーの性能劣化を分かりにくくさせている原因です。
JAFの出動内容第一位もバッテリー上がりだとか。

バッテリーは定期的に交換する必要があります。2年~3年ごとの交換が良いでしょう。
バッテリーの販売価格は性能やグレードによって異なりますが、軽自動車の場合は一般的なもので3千円~5千円です。
充電制御やアイドリングストップに対応したバッテリーは5千円~8千円で、工賃は500円~1千円です。

エンジンオイル

エンジンオイルは定期的に交換することでエンジンの焼き付きなど重大な故障を防ぐとともに、加速性能や燃費性能の維持に役立ちます。

エンジンオイルについてはいつ交換するのが良いか、意見の分かれるところですが、正確な交換時期はエンジンや車種により異なります。クルマにある取扱説明書を確認しましょう。

レースやオフロード走行など、特殊な走行をしなければ、6か月又は6000㎞のどちらか早い方ごとに交換していればどんな軽自動車でも快適に運転することができるでしょう。

交換にかかる費用は使用するエンジンオイルによっても異なりますが、軽自動車のエンジンに必要なオイル量は2ℓ~3ℓと、普通車に比べて1ℓほど少ないです。
ディーラーなどでも使用されている標準的な部分合成油、鉱物油であれば、工賃を含めて2千円~3千円、オイルフィルターの交換は1千円~1千500円が相場です。

タイヤ

軽自動車のタイヤは普通車と比べるとサイズが小さく、単価がリーズナブルなものが多くあります。
標準的なグレードのタイヤであれば、1台あたり2万円程度で交換することが可能です。
交換時期は一般的にタイヤの溝の深さで判断しますが、ゴム製品であるタイヤは経年劣化によって硬くなり、性能も退化していきます。
距離にすると4万㎞~5万㎞、年数では4年~5年が目安で交換すると良いでしょう。

燃料費

環境問題や原油の高騰などによりクルマの燃費性能に大きな注目が集まっています。
それによって各メーカの燃費競争が激しくなっています。

現時点では軽自動車を使用するイコールガソリンを消費することになりますので維持費を考える上でガソリン代は外すことが出来ませんね。

ターボの有無、車重、運転の仕方など、もともと排気量の小さい軽自動車はほんの少しの違いで燃費に大きく影響します。

自賠責保険

自賠責保険とは自動車損害賠償保障法によって「すべてのクルマの所有者に加入が義務付けられている損害保険」です。

現在の自賠責保険の費用は以下のようになっています。

  • 2017年4月1日以降に契約始期日を迎える軽自動車の場合。
 37ヶ月36ヶ月25ヶ月24ヶ月13ヶ月12ヶ月
本土の場合35,610円34,820円25,880円25,070円15,960円15,130円
沖縄県の場合16,510円16,210円12,850円12,540円9,120円8,810円
離島の場合9,490円9,370円8,060円7,940円6,600円6,480円
  • 2017年3月31日以前に契約始期日が到来している軽自動車の場合。
 37ヶ月36ヶ月25ヶ月24ヶ月13ヶ月12ヶ月
本土の場合37,780円36,920円27,240円26,37016,50015,600
沖縄県の場合17,240円16,91013,23012,8909,1408,800
離島の場合9,490円9,3707,9507,8206,3706,230

軽自動車には5ナンバーと4ナンバーがあります。
5ナンバーは自家用車、4ナンバーは商用車のナンバープレートです。
新車購入時において5ナンバーの場合は36カ月・37カ月の契約が行えます。
4ナンバーは24カ月・25カ月が基本になります。

任意保険

自賠責保険で賄えない保証を補うために加入する任意保険はクルマを保有する約70%以上が加入しています。
任意保険は保証の内容つまり、保険金の上限や車両保険の有無などによって保険料は大きく違ってきます。
また、年齢や車種、等級などによっても異なります。一概には言えませんが、例えば35歳で車両保険ありの場合、年間4万円~5万円が相場と言えるでしょう。

比較してみよう軽自動車とコンパクトカーの維持費

維持費にどんなものがあるのか分かったところで実際に比較してみましょう。
比較するのは軽自動車は現在一番人気のホンダN-BOX、コンパクトカーは評価の高いフィット。
1年間でかかる維持費を見てみましょう。

車種例軽自動車コンパクトカー備考
N-BOX
G Honda SENCING
Fit
13G-L Honda SENCING
 
車両価格138万5,600円165万3,480円 
ガソリン代JC08燃費27.0km/L
5万円
JC08燃費24.6㎞/L
5万4,879円
年間1万㎞走行
リッター135円で計算
自賠責保険料1万2,535円1万2,915円本土用
24カ月÷2
(1年分)
リサイクル料金8,400円8,450円 
重量税5,600円1万6,800円1年分
自動車税(軽)1万800円3万4,500円 
取得税1万7,300円3万3,000円 
任意保険4万5,000円5万5,000円一般的な補償内容
車検費用3万5,000円4万5,000円1年分として計算
合計18万4,635円26万544円車両価格は除外

N-BOXとフィットでは一年間で維持費が7万5,909円も違うことがわかります。
特に差が大きいのは重量税、自動車税、取得税などの税金です。
いかに軽自動車が優遇されているかがわかります。

まとめ

軽自動車とコンパクトカーを比較してみると、どの指標をみても軽自動車が有利であることがわかりました。
結論としてはやっぱり軽自動車の方が維持費は安いということです。
車購入の際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました