マツダ3の安全装備についてまとめてみた。

Mazda3

マツダ3の安全技術について紹介していきます。
ここで記載するのはカタログを見れば記載されていることばかりです。
カタログをお持ちの方はそちらをご覧ください。
マツダ3のカタログの良い点は他のメーカならごくごく小さくしか書かれない
注意書きが比較的大きな字で記載されている点です。
他のメーカーも見習ってほしいと思います。
ではまずはこちらから。

ヒューマンエラーによる事故の回避、被害軽減をサポートする安全技術

前方車・歩行者・自転車を検知するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)

スマート・ブレーキ・サポート

レーダーセンサーおよびカメラが前方車、歩行者、
自転車へ衝突する可能性があると判断したとき、
ディスプレイの表示と警報音でドライバーに衝突の危険性を知らせます。
衝突を回避できないと判断すると、ブレーキ制御を行うことで衝突時の被害を軽減。
ドライバーがブレーキペダルを踏んだ場合は、
ブレーキがすばやく確実にかかるようサポートします。
全車標準装備。

  • 対象が前方車:約4km/h以上
  • 対象が歩行者/自転車:約10㎞/h~約80km/h

メーカーオプションのドライバー・モニタリング装着車は、
ドライバーモニタリングカメラでドライバーが正面を注視していないと判断した場合に
対象物への衝突の可能性がある時は、通常より早期に衝突警報を行います。

注意事項

  1. 対象物(特殊な外観をした車両、部分的に見えている、隠れている、
    もしくは背景に溶け込んでいる車両と歩行者など)、
    天候状況(雨、雪、霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)
    などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  2. 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、
    天候状況(雨、雪、霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)
    などの条件
    によっては適切に作動しない場合があります。
  3. SBS、AT誤発進抑制装置、SBS-R、リアパーキングセンサー、SBS-RC、ALH、HBC、
    360°ビューモニター、FCTAはドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、
    事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。
    従って、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

ひとこと

ついにマツダも自転車検知が可能になりました。
すばらしい。
今年のJNCAPの試験が楽しみです。
トヨタの第二世代セーフティセンスの高機能版とどのくらいの差があるのか見ものです。

ペダルの誤操作による急発進を抑制するAT誤発進抑制制御[前進時/後退時]

AT誤発進抑制制御

徐行中(前進時:約15km/h以下、後退時:約10km/h以下)や停車時、
カメラや超音波センサーが前方または後方に車両や壁などの障害物を検知している
にもかかわらず、必要以上にアクセルペダルが踏み込まれたとき、
表示および警報音と同時にエンジン出力を抑制。
衝突を回避できないと判断したときは、
ブレーキ制御を行うことで衝突時の被害を軽減します。
AT全車標準装備。

注意事項

  1. 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、
    天候状況(雨、雪、霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)
    などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  2. 道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)、天候状況(雨、雪、霧など)、
    障害物の形状(低い、小さい、細いなど)などの条件によっては
    適切に作動しない場合があります。
  3. SBS、AT誤発進抑制装置、SBS-R、リアパーキングセンサー、SBS-RC、ALH、HBC、
    360°ビューモニター、FCTAはドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、
    事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。
    従って、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

後進時にクルマや障害物を検知するスマート・ブレーキ・サポート[後進時](SBS-R)

スマート・ブレーキ・サポート[後進時]

約2~8km/hで後退中に後方の障害物を超音波センサーが検知し、
衝突を回避できないと判断したとき、ブレーキ制御によって衝突時の被害を軽減します。
全車標準装備。

  • リアパーキングセンサー(センター/コーナー/サイド):リアバンパーの
    超音波センサーで近距離の静止物を検知し、警告音でドライバーに知らせます。

注意事項

  1. 対象物(レーダー波または超音波を反射しにくい形状の車両など)、
    天候状況(雨、雪、霧など)、道路状況(カーブが多い、坂の繰り返しなど)
    などの条件によっては適切に作動しない場合があります。
  2. SBS、AT誤発進抑制装置、SBS-R、リアパーキングセンサー、SBS-RC、ALH、HBC、
    360°ビューモニター、FCTAはドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、
    事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。
    従って、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

後進時に左右から接近するクルマを検知するスマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物](SBS-RC)

スマート・ブレーキ・サポート[更新時左右接近物]

0~約10km/hで後退中に自車の左右や後方に接近してきた車両を検知。
衝突を回避できないと判断したとき、ブレーキ制御を行うことで衝突時の被害を軽減します。
全車標準装備。

注意事項

  1. 天候状況(雨、雪など)、隣接する壁や接近車両の状況などの条件によっては適切に
    作動しない場合があります。
  2. SBS、AT誤発進抑制装置、SBS-R、リアパーキングセンサー、SBS-RC、ALH、HBC、
    360°ビューモニター、FCTAはドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、
    事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。
    従って、各機能には限界がありますので過信せず、安全運転を心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする