ダイハツタントに試乗してきました。新型タントの情報も得られました。

先日タントを試乗してきました。
本当はウェイクが目的だったんですが、
セールスレディーさんのお話では置いてないということでした。
それはそうですよね。
最近ウェイクのCMも見なくなったし、いまは人気ある訳ではないから仕方ないですね。
ということで代わりに同じスーパーハイトワゴンのタントを試乗することにした次第です。
高さ的にはほぼ同じはずなので運転の感覚は似ているのではないかと思いました。

タント RS”トップエディションVS SAⅢ”

試乗

セールスレディーさんとの話もほとんどなく、早速試乗することにしました。
クルマは今販売しているタントカスタムの特別仕様車RS”トップエディションVS SAⅢ”です。
主な装備はフロントグリルLEDイルミネーション、15インチのVS専用アルミホイール、
パノラマモニター対応カメラ、右側パワースライドドアです。
また、試乗車は特別設定ボディーカラーのレーザーブルークリスタルシャインでした。
価格は169万5600円です。
今時の軽スーパーハイトワゴン+ターボ車であればこのくらいはするだろうとは思いますが、高いですね。

広さに感動

運転席に座って見るとその広さにビックリ!しかもとても見晴らしが良いです。
左右の見切りもとても良く運転しやすそうです。
お店から出て早速加速テスト。
ターボーと言うこともあり、まずまずの加速でした。
若干CVT特有のエンジン音だけが大きくなって、
前に進んでいかないという印象はあったものの、さほど気になるほどではありません。
以前に乗った新型デイズハイウェイスターと比べてもそん色ない感じです。
でもタントがターボ車ということを考えれば、
NA車のデイズがいかに優秀であるかを感じさせられます。
普通に60km/h程度で走っている分には全く問題ありません。
静粛性もよく、こちらも新型デイズハイウェイスターと比べても
見劣りすることはありません。
なによりも素晴らしいのは開放感!。
とても感動しました。
N-BOXにも乗ったことはありますが、これほどの感動を与えてはくれませんでした。
着座ポイントの高さもあるでしょうが、ダッシュボード位置がN-BOXと比べて
低いことが大パノラマ風景に見えるのではないかと思いました。
何度これは広い!と言ったことか。
子どもも一緒に乗っていましたが、やはりとても広いと感じていました。

新型タント

お店に戻ってきて、ウェイクとタントのカタログを見ながら、
セールスレディーさんと話をしていました。
やっぱりタントの方がモデル末期ということもあって、
特別仕様車でお買い得なうえにナビ割10万円も行っており、
ウェイクよりもかなり条件が良さそうでした。

ふと、「新型タントも気になってるんだよね…」とつぶやいたら、
「見ますか?」とセールスレディさん。
ジ:「えっ?見れるの?」
セ:「はい。お店の中なら見られます」
ジ:「ぜひ、お願いします」
セ:「少々お待ちください」
まさか見られるなんて思っていなかったのでビックリ!これは思いがけない収穫です。
しばらく待っていると、タブレットをもってきました。
画面を見るとどうやら販促用のWebページがあり、そこに載っていました。
レモンイエローが今回のCMカラーらしく、明るい感じになっています。
クルマのデザインとしては派手さはなく、シンプルなイメージです。
現行車のノーマルタント(ターボ除く)にはグリルがありませんが、
新型はグリルのようなものがついていました。
でも、銀メッキのキラキラしたものではなく、
どちらかというとホンダのN-ONEみたいな
プラスチック系のグリルのように見えました。
カスタムの写真も載っていましたが、こちらもオラオラ系のイメージとはかけ離れた印象で、
カスタムとしては物足りない感じがしました。

タント

また、今回の売りとして紹介されたのがミラクルアクセスです。
N-BOXと同じように2列目から運転席へウォークスルーができるというもの。
N-BOXの場合は助手席を前側にロングスライドさせて実現していましたが、
タントは運転席側をロングスライドさせて実現しているようです。どちらが良いかは賛否両論ありそうです。

ハイブリッド車は?と聞いてみましたが、
そういう情報は載っていないということでした。
うーん。もしかして誤報か?
後から追加と言うこともあり得るのでまだわかりませんが、
少なくとも夏の発表時点ではハイブリッドはなさそうな気がしました。

まとめ

現行型タントとN-BOXを比較した場合、安全装備でN-BOXが断然有利ですが、
新型タントはどうでしょうか?
果たしてホンダセンシングに匹敵する自動ブレーキが搭載できるか?
同等以上の衝突安全性を有しているか?
これらを満たしていればタントの巻き返しがあるかもしれません。
ただ、ちょっとデザインがイマイチな気が…。
現行タントのシルエットを残しながらフロントフェイスをチョットだけN-BOXに近づけた
という印象なのでちょっと中途半端な感じもしています。
安全装備を度外視すれば、N-BOXよりジーボの好みですね。
新型にもあの開放感が踏襲されているとよいのですが。
新型タントが出たらまた試乗に行きたいと思います。
新型タントに興味のあるあなた。
ディーラーへ行けば、その姿を見ることが出来ますよ。
ぜひ出かけてみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、またの機会にお会いしましょう。