スバル車の発売予定。特に新車が気になる!アイサイトVer4は?

スバルのこれから発売するクルマについて紹介します。
アイサイトVer4の情報もちょっぴり紹介。
完成検査不正で揺れていたスバルですが、1月から3月の国内販売は前年比では
マイナス25%となっていますが、フォレスターだけで見ると
月販目標2500台に対して、1月が1594台、2月は3323台、3月は5049台と
好調に推移しています。
もう完成検査不正の影響はなくなったのでしょうかねぇ。

レヴォーグに特別仕様車を設定、発売

スバルは6月ぶレヴォーグの特別仕様車を設定して発売します。
ベースは「STIスポーツアイサイト」と「GT-Sアイサイト」で、エンジンは
1.6ℓターボと2ℓターボが設定されます。
この特別仕様車は現行シリーズの最終モデルと見られています。
1年後にはフルモデルチェンジして世代交代する予定です。

このレヴォーグ、登場時には日本専用車種として登場したのに、
今は欧州でも北米でも販売されているようです。
そのため、次期モデルはアメリカを意識したモデルになりそうですね。
やれやれ。
そもそもレガシィツーリングワゴンでは大きすぎると言って登場したはずなのに、
次期モデルは大きくなるらしいです。
全く困ったもんです。
まあ良いですが、また日本のユーザーが求めるサイズの新モデルを作ってくださいね。
スバルさん。

次期レガシィは10月下旬の発売か?

国内向け次期レガシィの発売は10月下旬をめどにスケジュール調整をしている模様です。
次期型は既にアメリカで発表されていますが、スバルグローバルプラットフォームを採用し、
若干サイズアップをしてクオリティアップを図り、走行性能の向上や
安全対策強化を目指して開発しているといいます。
パワーユニットはアウトバック、B4ともに水平対向直噴2.5ℓと
その2.5ℓのハイブリッドが搭載されます。

現行モデルは8月いっぱいまで生産する見込みです。
アウトバックはカーナビ、ETC、ドライブレコーダー、ボディコートの装備で、
トータル40万引き以上の値引きが可能な状況です。
今年の初売りにレガシィB4の見積もりしてもらったけど、その時でさえ、
一声27万引きでしたから。
現行モデルが欲しい人はチャンスですよー。

アイサイトVer4は?

それはそうと、アイサイトも最新型になるとのことなんですが、Ver4の開発はどうなんでしょうか?
情報によるとオートリブと進めているカメラ開発もうまくいっていないと聞きます。
オートリブの開発拠点はスウェーデンにありますが、本国ではもはや
Ver4の開発は絶望的な状況と諦めている状態だと言います。
スバルが求めているスペックを実現できないと本国のエンジニア達は考えているような話も聞きます。

果たして、10月下旬に発売できるのでしょうか?
スバルの動向、この先も注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする