ミツビシは次世代SUVの3本柱に注力!!

ミツビシSUV次世代商品ラインナップ

ミツビシは今後のSUV戦略でRVR、エクリプスクロス、アウトランダー
の3本柱で商品ラインナップの強化を図る方針のようです。

RVRは2020年春にもフルモデルチェンジし、コンパクトサイズに特化し、
量販戦略モデルに仕立てます。
アウトランダーは2021年夏あたりの世代交代が有力になっています。
なお、両モデルとも日産の次期型ジューク、エクストレイルと
プラットフォームやパワートレインなどの基本コンポーネンツを共用したモデルとなります。
ただし、これらのニッサン車とはボディパネル、内装などを別仕立てとして、
コンセプト分けを明確にする方針です。

パジェロは5月にも最終モデルの特別仕様車を設定

ミツビシは5月にもパジェロの最終モデルの特別仕様車を販売する見通しです。

現行パジェロの売れ行きは最近では月販100台以下に留まっており、
海外向けの販売台数も少なくなっています。
そのため、今後は次期型を開発しても需要増は期待できないことから、
最終モデルとして500台程度を生産し、現行型は年内いっぱいで生産を終了する見込みです。

特別仕様車の仕様内容は今のところ明らかになっていませんが、比較的ニーズの高い3.2ℓディーゼルターボの4WDをベースにカスタマイズしたものになるようです。

しかし、一方では今年の年末から来年初頭にはニューモデルが登場するというウワサも。
次期モデルではこれまで培ってきた「4WDと電動化」のノウハウを盛り込んだ
ミツビシのクルマづくりを象徴するPHEVになるとのこと。
目玉はパワートレインで、リア側にデュアルモーターAYCを採用した
トリプルモーター方式を3ℓV6スーパーチャージャーに組み合わせて搭載するとのこと。

さてみなさんはどちらを信じますか?
ジーボはパジェロ消滅に1票ですね。
最近パジェロは全く見ていませんし、モデルチェンジも全くなく、
テスト車が走っているという情報もないですから、
いきなり新型が来年初めに出てくるなんて考えられません。
パリダカールラリーで一世を風靡したパジェロもとうとう無くなるんですね。
残念です。まあ、ミツビシは色々な不祥事を起こして自らブランドを傷つけてしまったので仕方ないですね。

ここ最近ではニッサン、スバルそして昨日公表されたスズキの不祥事と次々に明るみに出ています。
各社ともミツビシと同じようにきっちり市場からの罰を受けて不祥事が
どれだけ大きな影響を受けるかを身に染みて感じて反省して欲しいと思います。
でないとまた同じことの繰り返しになってしまいますので。
こういった問題は結局はユーザーに降りかかってきますのでユーザー側としても不祥事を起こしたメーカーには𠮟咤していきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、またの機会にお会いしましょう。

追記:パジェロファイナルエディションは4月24日に発売

予想より早く2019年4月24日にミツビシ パジェロの特別仕様車
ファイナルエディションが追加されました。700台限定で販売されます。
今年いっぱいは生産が続けられると予想していましたが、一般のニュースでも
取り上げられたように今年8月で国内での生産を終了することとなり、
その記念モデルとして販売されます。
エクシード(クリーンディーゼル搭載グレード)をベースとし、ルーフレールと
電動ロングサンルーフ、本革シートとパワーシートを標準装備するなど
多数の特別装備が搭載されています。
成約時にはFINAL EDITIONロゴとシリアルナンバーが刻印された
スカッフプレート、オリジナルウォッチ、オリジナルステッカーが
プレゼントされるそうです。
価格は453万600円です。