知っていますか?今さら聞けないWLTCモード燃費のこと

こんにちは。ジーボです。
今回は2018年10月から正式に実施されたWLTCモード燃費について紹介します。
まずはWLTCモード誕生のお話をしましょう。

WLTCモードの誕生

従来の排ガス・燃費の試験はそれぞれの地域や国が独自で設定していました。
このため、メーカーは自動車の販売認証を得るために
それぞれの国や地域で試験を行う必要がありました。
そこで国連が主導して試験の方法を統一するために2014年に策定されたのがWLTP、
WLTCです。
WLTPとWLTCはほぼ同じととらえて良いものです。
ここではその違いについては省略します。
WLTCはユーザーの利用実態に近い規格になっており、
策定には日本もかかわっていることから日本政府としては
速やかにWLTCモードへ移行するスタンスを取っており、
昨年の10月に正式導入されました。

JC08モードとの違い

従来のJC08モード燃費との違いは平均速度が上昇するなど、
高い速度域をカバーすることになったことがあげられます。
また、試験の走行時間、総走行距離が増加したほか、
アイドリング時間比率が減少しています。
他にも試験自動車重量の増加、試験自動車重量と
等価慣性重量(燃費試験を行う際のシャシーダイナモメーターに設定する不可)
の比率が従来のステップ状の設定からステップレスに変更されました。
さらに、コールドスタート試験のみの実施となり、
JC08と比べてコールド比率が4倍になりました。
これらの変更により、より実利用に近い燃費数値が出るようになりました。
JC08モードで燃費のいいクルマほどWLTCモードで測定した際の悪化率が大きくなります。
重量のステップレス化によって、装備を外したり、
燃料タンクを削った燃費スペシャルグレードは無くなっていくと考えられます。

WLTCモードとJC08モードの差異を比較する

さて、JC08モード燃費値で好成績なクルマがWLTCモードでは急に数値が落ちたり、
逆にJC08モードではそれほど燃費がいい印象のなかったクルマが
WLTCモードになると急浮上してくるというようなことがあるんでしょうか?
以下にWLTCモード値が公表されているクルマについて
JC08モードとの差異を比較した表を掲載しました。

車名

モード

燃費 達成率
カローラスポーツ
ハイブリッド
JC08モード 34.2km/ℓ
WLTCモード 30.0km/ℓ 87.7%
WLTC市街地 29.4km/ℓ 86.0%
WLTC郊外 32.9km/ℓ 96.2%
WLTC高速 28.8km/ℓ 84.2%
カローラスポーツ
1.2ターボ
JC08モード 19.6km/ℓ
WLTCモード 16.4km/ℓ 83.7%
WLTC市街地 12.9km/ℓ 65.8%
WLTC郊外 16.9km/ℓ 86.2%
WLTC高速 18.2km/ℓ 92.9%
クラウン
3.5ハイブリッド
JC08モード 18.0km/ℓ
WLTCモード 16.0km/ℓ 88.9%
WLTC市街地 12.7km/ℓ 70.6%
WLTC郊外 16.4km/ℓ 91.9%
WLTC高速 17.7km/ℓ 98.3%
クラウン
2.5ハイブリッドG
JC08モード 24.0km/ℓ
WLTCモード 20.0km/ℓ 83.3%
WLTC市街地 17.2km/ℓ 71.7%
WLTC郊外 20.8km/ℓ 86.7%
WLTC高速 20.9km/ℓ 87.1%
クラウン
2.0ターボRS
JC08モード 12.8km/ℓ
WLTCモード 12.4km/ℓ 96.9%
WLTC市街地 8.7km/ℓ 68.0%
WLTC郊外 12.6km/ℓ 98.4%
WLTC高速 15.1km/ℓ 118.0%
フォレスター JC08モード 14.6km/ℓ
WLTCモード 13.2km/ℓ 90.4%
WLTC市街地 9.6km/ℓ 65.8%
WLTC郊外 14.6km/ℓ 100%
WLTC高速 16.4km/ℓ 112.3%
フォレスター
e-BOXER
JC08モード 18.6km/ℓ
WLTCモード 14.0km/ℓ 75.3%
WLTC市街地 11.2km/ℓ 60.2%
WLTC郊外 14.2km/ℓ 76.3%
WLTC高速 16.0km/ℓ 86.0%
オデッセイ
ハイブリッド
JC08モード 26.0km/ℓ
WLTCモード 20.6km/ℓ 79.2%
WLTC市街地 20.0km/ℓ 76.9%
WLTC郊外 22.1km/ℓ 85.0%
WLTC高速 20.5km/ℓ 78.8%
ステップワゴン
スパーダ
ハイブリッド
JC08モード 25.0km/ℓ
WLTCモード 20.0km/ℓ 80.0%
WLTC市街地 18.8km/ℓ 75.2%
WLTC郊外 21.7km/ℓ 86.8%
WLTC高速 19.5km/ℓ 78.0%
クラリティPHEV JC08モード 28.0km/ℓ
WLTCモード 24.2km/ℓ 86.4%
WLTC市街地 23.0km/ℓ 82.1%
WLTC郊外 24.3km/ℓ 86.8%
WLTC高速 25.1km/ℓ 89.6%
CR-Vハイブリッド(FF) JC08モード 25.8km/ℓ
WLTCモード 21.2km/ℓ 82.2%
WLTC市街地 21.9km/ℓ 81.4%
WLTC郊外 22.1km/ℓ 86.7%
WLTC高速 20.7km/ℓ 80.2%
CR-Vハイブリッド(4WD) JC08モード 25.0km/ℓ
WLTCモード 20.2km/ℓ 80.8%
WLTC市街地 19.1km/ℓ 76.4%
WLTC郊外 21.6km/ℓ 86.4%
WLTC高速 19.8km/ℓ 79.2%
ロードスター
(MT)
JC08モード
WLTCモード 16.8km/ℓ
WLTC市街地 12.0km/ℓ
WLTC郊外 17.7km/ℓ
WLTC高速 19.5km/ℓ
CX-3 20S FF 6AT JC08モード
WLTCモード 19.0km/ℓ
WLTC市街地 12.6km/ℓ
WLTC郊外 16.7km/ℓ
WLTC高速 18.0km/ℓ
CX-3 XD 4WD 6AT JC08モード
WLTCモード 19.0km/ℓ
WLTC市街地 16.0km/ℓ
WLTC郊外 19.1km/ℓ
WLTC高速 20.9km/ℓ
アテンザ20S JC08モード 16.6km/ℓ
WLTCモード 15.0km/ℓ 90.4%
WLTC市街地 11.7km/ℓ 70.5%
WLTC郊外 15.4km/ℓ 92.8%
WLTC高速 17.2km/ℓ 103.6%
アテンザ25S JC08モード 14.8km/ℓ
WLTCモード 14.2km/ℓ 95.9%
WLTC市街地 10.6km/ℓ 71.6%
WLTC郊外 14.5km/ℓ 98.0%
WLTC高速 16.8km/ℓ 113.5%
アテンザXD JC08モード
WLTCモード 17.8km/ℓ
WLTC市街地 13.9km/ℓ
WLTC郊外 17.6km/ℓ
WLTC高速 20.8km/ℓ
CX-5 20S(FF) JC08モード 16.0km/ℓ
WLTCモード 14.6km/ℓ 91.3%
WLTC市街地 11.9km/ℓ 74.4%
WLTC郊外 15.1km/ℓ 94.4%
WLTC高速 16.2km/ℓ 101.3%
CX-5 25S(4WD) JC08モード 14.2km/ℓ
WLTCモード 13.0km/ℓ 91.5%
WLTC市街地 10.2km/ℓ 71.8%
WLTC郊外 13.4km/ℓ 94.4%
WLTC高速 14.7km/ℓ 103.5%
CX-5 XD(4WD) JC08モード 18.0km/ℓ
WLTCモード 16.6km/ℓ 92.2%
WLTC市街地 13.6km/ℓ 75.6%
WLTC郊外 16.5km/ℓ 91.7%
WLTC高速 18.6km/ℓ 103.3%
ジムニー 5MT JC08モード
WLTCモード 16.2km/ℓ
WLTC市街地 14.6km/ℓ
WLTC郊外 17.5km/ℓ
WLTC高速 16.5km/ℓ
ジムニー 4AT JC08モード
WLTCモード 13.2km/ℓ
WLTC市街地 11.0km/ℓ
WLTC郊外 13.9km/ℓ
WLTC高速 14.2km/ℓ
ジムニーシエラ
5MT
JC08モード
WLTCモード 15.0km/ℓ
WLTC市街地 12.8km/ℓ
WLTC郊外 15.8km/ℓ
WLTC高速 15.9km/ℓ
ジムニーシエラ
4AT
JC08モード
WLTCモード 13.6km/ℓ
WLTC市街地 11.2km/ℓ
WLTC郊外 14.7km/ℓ
WLTC高速 14.6km/ℓ
ミライース JC08モード 34.2km/ℓ
WLTCモード 25.0km/ℓ 73.1%
WLTC市街地 20.9km/ℓ 61.1%
WLTC郊外 27.3km/ℓ 80.0%
WLTC高速 26.6km/ℓ 77.8%
ムーヴキャンバス JC08モード 28.6km/ℓ
WLTCモード 20.6km/ℓ 72.0%
WLTC市街地 17.6km/ℓ 61.5%
WLTC郊外 22.6km/ℓ 79.0%
WLTC高速 21.6km/ℓ 75.5%

WLTCモードはJC08モードよりも実走行燃費に近い数値を示します。
JC08モードでの走行パターンよりも全体的にハイスピードになっていることや、
信号待ちでのストップ時間、加速時間などからより高負荷運転の傾向があります。
このため、比較的排気量が大きくトルクに余裕のあるクルマは
JC08モードからの落ち込みが少なく、小排気量NAの軽自動車では
JC08モードからの落ち込みが大きくなることがわかります。
具体的にはJC08モードに対する達成率96.9%と好成績なのがクラウン2.0ターボです。
続いて95.9%のアテンザ25S、92.2%のCX-5XDなどが好成績です。
一方ミライースは73.1%、ムーヴキャンバスは72.0%と大きく落ち込んでいます。
やはり小排気量の軽自動車はWLTCモードの高負荷試験で厳しいようです。
また、WLTCモードでは総合燃費以外に「市街地モード」、「郊外モード」、
「高速道路モード」と走行条件ごとの燃費値も示されているのが特徴ですが、
市街地燃費ではハイブリッド車の達成率が高く、
高速道路モードはハイブリッドの落ち込みが大きいのに対して、
クラウンターボやフォレスター、アテンザ、CX-5などは
高速道路でJC08モード値を上回るなどパワーユニットの違いによる特徴が見えます。
全般的に小排気量車には厳しくなっています。

メーカーの燃費向上対策に変化は出るか?

WLTCモードに切り替わったことでメーカーの燃費向上策に変化は出るでしょうか?
これはWLTCモードの走行パターンに合わせたパワートレインが開発されると予想します。
特に燃費をアピールポイントとするクルマではいかにWLTCモード燃費を
高くできるかが焦点になるため、JC08と同じように競争は激化することになります。
ただ、WLTCモードは総合燃費のほかに市街地、郊外、高速道路と3つのパターンがあり、
それぞれの燃費が公表されるため、ユーザーは自分の使い方に合った
走行モードでの燃費値を参考にすることができます。
クルマ選びの指針としてはこれまでのJC08モード燃費と比べて活用度は高いです。
WLTCモード燃費は実走行燃費にかなり近い現実的な燃費値と考えて良いと思います。
つまりはWLTCモードにフォーカスした燃費スペシャルの開発は実走行での燃費も高くなる可能性が大きいと思います。

WLTCモードの導入で2019年度のECOカー減税はどうなるのか

2019年の3月までは2018年度のルールで進められます。
2018年度でのECOカー減税の燃費基準はJC08モードの数字を基準として作られています。
3月まででECOカー減税を適用したい場合は、
WLTCモードかJC08モードのどちらかの燃費の数字を提出しなければなりません。
国土交通省はWLTCモードの燃費値も受け付けますが基準は変えません。WLTCモードの燃費値はJC08モードより低いため、メーカーは必然的にJC08モードの燃費を国に申請することになります。
さて、2019年度はというと、まだ確定はしていません。

輸入車はどうなる?

輸入車も含めて、日本で発売されるフルモデルチェンジ、マイナーチェンジを含む
新型乗用車は義務付けられています。
輸入車のJC08モード燃費は国産車と比べて低い傾向にありますが、
WLTCモード燃費の導入で国産車と輸入車の燃費差が縮まることが予想できます。
ちなみに2018年9月以前に発売されて継続生産されている乗用車については、
2020年の9月からWLTCモード燃費の表示が義務化されます。
そのタイミングで各メーカーは生産を継続するか終了するかの判断を
行うことになりそうです。
それまでの間はJC08モードとWLTCモードが混在する状況となります。

商用車(4ナンバー)もWLTCモードになる?

WLTCモードは新しい自動車排出ガス規制ルールの中の一つになります。
排出ガス規制ルールでは、CO(一酸化炭素)、NMHC(非メタン炭化水素:
メタンを除いたその他の炭化水素で、紫外線で光化学反応が発生する)、
NOx(窒素酸化物の総称)、PM(粒子状物質)などが規制されます。
さて、乗用車の規制開始は平成30年の10月からなのですが、
それ以外のクルマはどうか?というと、商用車の4ナンバー車の場合、
軽量車(軽貨物車以外の最大積載量1.7トン以下の商用車)は同じく
平成30年の10月から規制が開始されるため、
WLTCモードの表示義務があります。
それ以外の4ナンバーは今年の10月から規制が開始されます。
1ナンバーであっても、最大積載量3.5トン以下の商用車は
今年の10月から新排ガス規制を受けることになるため、
WLTCモードの燃費が表示されることになります。
ちなみに、継続生産車は、新型車から2年後に規制が開始されます。

まとめ

WLTCモードになってユーザーは利用状況に応じて、
自分にとって燃費がいいクルマをより正確に選べるようになります。
それはつまり、クルマを「見る目」が重要になってくるということです。
例えば軽自動車は市街地、郊外では低燃費ですが、高速での燃費が悪いです。
今までのルールだと、高速道路の利用が多いユーザーが燃費がいいからと
軽自動車を買うと、実際には燃費が良くなかったという状況が発生しました。
今後は高速道路モードの数値を見れば良い訳ですが、
「自分は高速道路の利用が多い」ことを認識したうえで、
高速道路モードの数値を見れば正しい選択ができるようになります。
パワーユニットによっても得意な走行状況が変わります。
一般的なガソリン車の場合、市街地→郊外→高速道路の順で燃費が良くなりますが、
ハイブリッドの場合は市街地と高速道路の燃費は同程度、
クルマによっては高速道路のほうが数字が悪いものもあります。
クルマのことがより理解できるルールと言えるかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする