商談は1月に始めるのがいい!スバルとニッサンの初売りに行ってきました。

こんにちは。ジーボです。

今回はスバルとニッサンの初売りに行ってきた話をします。

スバルへ

まずは家から近いスバルに出かけました。

外でクルマを見ていたのですが、お客さん対応で忙しいのか誰も現れず。

しかたないのでXV、フォレスター、レボーグの写真を撮って帰ることにしました。

ニッサンへ

スバルはまた次の機会に来ることにしてニッサンへ移動。

着いてすぐにセールスレディーさんが迎えに来てくれました。

知り合いのセールスさんの名前を出したのですが、あいにく他のお客さんの対応中。

うーん。行くところ全部知り合いのセールスさんには対応してもらえないという感じ。やれやれ。

けれども、セールスレディーさんが代わりに対応してくれるとのことニッサンの残価設定ローンについて聞くことにしました。

ここではいつもの残価設定ローンの話は簡単に済ませて、早々に金利の話を聞きました。金利は1.9%とこれまでで一番低いです。

ニッサンは結構1.9%でキャンペーンをやっていますが、大体が指定したグレードのみとか条件がついていました。

今回はそういう条件はなしのようです。

3月の決算に向けて少しでも売りたいという考えなのでしょう。

ちなみに2月でも1.9%ですか?と聞いてみたところ、少し考えてたぶん1.9%でしょうということでした。

とりあえず1月は確実に1.9%ですが、2月以降は今のところ確定はしていないということですね。

1.9%の金利でセレナe-powerが月どのくらいの支払いになるのか知りたくなったので見積もりを作成してもらうことにしました。

グレードはe-powerでは下から2番目のXV、車両価格は313万ほどです。

これに寒冷地仕様とセーフティパックAを付けたら、333万になりました。

更に付属品、販売諸費用、税金込みで413万になりました。

うーん高い!

これで均等払い5年間、月間1500㎞の契約で月々55500円だそうな。

ちなみに残価は110万ほどでした。

付属品は抑えたつもりだったのに400万を越えてしまいました。

やっぱりe-powerは無理かなー。

でもセレナにするならe-powerにしたいところです。

見積もりをもらって帰る時に福袋をくれました。

中身は何が入っていたかちょっと忘れてしまいました。ゴメンナサイ。

商談の狙い目は…

今回の話を聞いて商談するなら初売りが狙い目とわかりました。

年度末を残り3か月の時期ですが、納車を3月末までにしようと思うと新年ぐらいがちょうど良いです。

というのも最近は注文して納車までに2か月かかるのは普通にあり得る話なので。値引きも3月ギリギリよりも多いのではないかと思えます。

更にローンを組む場合も特別金利を行っている可能性が高いです。

ということでエリシオンの買い替えは2020年の初売りに決めました。

年末くらいから各ディーラーに顔を売っておいて、初売りで一気に決めようと思います。

3月の決算期に向けてクルマを購入しようと考えている方はもう動かないと安く買えませんよ。

次の週、再びスバルへ

ところでスバルですが、次の週に再度訪問しました。

この日は受付嬢さんが迎えてくれました。

レガシィB4が見たいと話したのですが、あいにくレガシィB4はお店に置いてありませんでした。

実はこの日トヨタ店にも訪問しており、そこでクラウンの見積もりをしてもらっていました。

そういう流れもあってレガシィB4にしました。

クラウンの話はまた別の機会にお話します。

さて、しばらくしてセールスさんが登場しました。

レガシィB4の見積もりを残価設定プランでお願いしました。

最初から残価設定と話したので残価設定の説明もなく、さっそくグレードの説明、オプションの話をされました。

レガシィB4のグレードはベースグレードとリミテッドしかなく、装備の選択もアイサイトセイフティプラス、レスパッケージ、本革シート、サンルーフしかありませんでした。

なので、ベースグレードにアイサイトセイフティプラスだけ付けて見積もりしてもらいました。

車両本体が306万、付属品が54万、諸費用で38万でした。

珍しく最初から本体で10万、付属品で17万のトータル27万の値引きがされていました。

総額が370万ピッタリです。

一声27万の値引きには驚きました。

残価設定ローンの金利は3.9%で月々の支払いは52600円でした。

セールスさんがちょっと席を外した時にいただいた名刺を見たところ、なんと店長さんでした!

なるほど、それで一声27万の値引きが出たのか…。

店長さんと商談したのは初めてでしたが、値引きの裁量がある人と話をするとこんなこともあるのですね。

店長さんは特に強く売り込むこともなく淡々とテキパキと商談を進めた感じでした。

後で聞いたら、対応できるものが今いないということで自ら対応されたということで好感が持てる方でした。

最後にくじを引いてスバルのロゴが入ったメモ帳をもらって帰りました。

スバルは初売りなのに特別金利とかはやっていませんでした。

やらなくても売れるからなんでしょうか?

新聞とかの販売台数を見ると落ちこんでいるのでそんなことはないでしょうから、きっと完成検査不正でリコール費用がかかるから回す予算がないのでしょう。

いいクルマを開発しているのだから、少しでも早く正常な生産に戻して欲しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする