ダイハツとスズキの初売りに行ってきました。ダイハツの残価設定ローンについて聞いてきました。スズキはスペーシアギアとラパンモードのシートについて確認しました。

こんにちは。ジーボです。

昨日ダイハツとスズキの初売りの状況を見てきましたので紹介します。

ダイハツの初売り

まず最初に出向いたのは近くのダイハツです。

午後1時半頃にお店に行ったのですが、何だか寂しい雰囲気でした。

お客さんもジーボを除いて1組だけでした。

お店の外に置いてあるクルマを見ていたら、若いセールスレディが出てきて話を聞いてくれました。

時間もあったので「20代男性に人気のある車を紹介して欲しい」とリクエストを出しました。

そこで提案されたのが、タントカスタムとキャストアクティバ、ムーヴカスタムでした。

広さ的にはタント、キャスト、ムーヴの順で広いそうです。

キャストが一番狭いと思っていたのですが、ムーヴの方が狭いんですね。

意外でした。

ムーヴが狭いと言ってもミライースに比べれば十分広いと思いますが。

タントの魅力は何といっても広いこと。

一方キャストアクティバはSUV的なデザインが受けているようです。

ムーヴはタントほどの広さはいらない人でカスタムのデザインにしたい人が選ぶようです。

一番のおすすめはタントカスタムの特別仕様車でした。

あのDAIGOがCMしているヤツです。

これまでタントにはなかったカラー、レーザーブルークリスタルシャインが選べるのと、パノラマモニター対応カメラが標準で装備されているのが売りのようです。

あとはスマアシⅢの内容について説明を受けました。

ダイハツの残価設定プラン

ちなみに残価設定での支払い方法についても教えてもらいました。

ダイハツの残価設定プランは「ワンダフルクレジット」という名前で3年4万Kmまたは5年6万kmの何れかになります。

例えば3年コースで3年後の最終支払い時に残価分を支払って買い取るか、クルマを返却するかを決めるところは他の残価設定ローンと同じです。

引き取り価格の保証についてですが、設定された距離を越えた場合(3年コースなら4万Kmを越えた場合)は越えた距離1kmにつき5円の支払いが追加で必要になります。

また、事故を起こした場合の修理費用等は全額お客が支払うことになります。

また、ローン最終月にクルマの査定を行い、減点が50点(50000円相当)を越えた場合も1点につき1000円の支払いが追加されます。

特典としては、各コースともローン期間中のメンテナンスを行ってくれるメンテナンスパックが無料で付いてきます。

また3年後、5年後のクルマ買い替え時に10000円のオプション購入券がもらえます。

また、5年コースでは期間中1回限りバッテリーの交換が無償で行えます。気になる金利ですが、4.9%だそうです。

ここ数年は金利に変動はないということでしたので今年も4.9%ということになります。

それほど高いとは言えませんが、低い訳でもないですね。

最後に初売りということでくじを引かせてもらいました。

小吉で一番小さなお菓子の詰め合わせをもらってお店を後にしました。


スズキの初売り

続いてスズキのお店へ。

スズキのお店は2時頃行きましたが、ダイハツとは打って変わって大盛況でたくさんのお客さんがいました。

お得意さんの対応が忙しいらしく、全く相手にされず。

声もかけられませんでした。

仕方がないので最近発売されたスペーシアギアとラパンモード、クロスビーが置いてありましたので見てきました。

スペーシアギアはノーマルのスペーシアのイメージがあまりないのですが、外観が変わっているのが大きいです。

丸目のライトがとっても良いです。

リアのハッチ部分は軽量化の影響でしょうか、価格からするとチープな感じを受けました。

この辺りは恐らくノーマルのスペーシアを同じだと思います。

インパネ部分なども色が違うくらいでノーマルと大差ないのではないかと思います。

シートは前席、後席ともほぼ同じでやや柔らかめでした。

長時間走行でどのくらいの時間座っていられるか少し心配になりました。


ラパンモードは外観が少しシックな感じに仕上げてありました。

内装部分も手が加えられている感じで天井、ドアの一部にモケット生地に近いものが張られており、高級感を出していました。

シートは前席はやや硬め、後席はやや柔らかめでソファーのような座り心地でした。

後席は少しの間座るだけなら良いと思うのですが、長時間だとつらい感じがしました。

前席はやや硬めでいい感じのシートでした。

これならば長時間でも問題ないかなと感じました。


クロスビーについては以前試乗しているので、今回は前述の2台との比較のつもりでシートだけチェックしました。

クロスビーのシートは前後席ともやや硬めで長時間でも疲れないシートだと思いました。

またひとつクロスビーの良い点を見つけた気がしました。


最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする