ニッサン・ホンダ・マツダのSUVにはどんな自動ブレーキが装備されているか調べてみた。

こんにちは。ジーボです。

各社SUVの自動ブレーキについて紹介するシリーズの第二弾です。

前回はトヨタとレクサスを紹介しましたが、今回はニッサン、ホンダ、マツダについて紹介したいと思います。

NISSAN エクストレイル

プロパイロット付きのエクストレイルに限れば、モービルアイ社製の「EyeQ」という画像処理ICチップを使用しています。

最近学んだのですが、モービルアイ社は画像処理チップだけ作っていてカメラを作っていないようです。

なのでよくモービルアイのカメラが優秀だと(ジーボも言っていましたが、)書かれていますが、実は画像処理チップが優秀なのです。

さて、エクストレイルの自動ブレーキに話を戻しましょう。

エクストレイルの自動ブレーキはインテリジェントエマージェンシーブレーキと言い、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知します。

衝突の可能性が高まるとメーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。

万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減します。

インテリジェントエマージェンシーブレーキは、約10〜80km/hの範囲で作動します。

歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。

また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。

JNCAPの試験においては停止車両に対し、車速50km/hでの接近は余裕で自動停止できました。

遮蔽物あり歩行者も大人のダミーで45km/hでクリア。

子供のダミーでも検知可能で40km/hで自動停止する。

マツダの自動ブレーキとならんで最も良い成績となっています。

ただし、自転車、夜間歩行者には対応していません。

NISSAN ジューク

カタログによる記載ではエクストレイルと同じ説明がされています。

しかし、クルマ雑誌の情報によれば、いまだに第一世代のモービルアイICチップを使用しており、進歩がないとなっています。

JNCAPの試験では停止している車両に対して自動停止できるのは、25km/hまで。

30km/hで接近すると10km/h程度で追突してしまいます。

歩行者も検知できると言っていますが、停止するのが車両でも25km/hなので、難しいと思います。

また、遮蔽物ありの歩行者は対象外となっています。

軽自動車の以前の簡易式自動ブレーキレベルだと考えるのが妥当なようです。

もちろん自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

日本では販売台数が少なく、機能UPする投資を避けているのでしょう。


HONDA CR-V

2年ぶりに復活した新型CR-Vは最新のホンダセンシングかと思いきや、少し違うようです。

現在ホンダで最も高い性能の自動ブレーキを持っているのはN-VANです。

このあたりは「JNCAPから平成30年度前期自動車アセスメントの評価結果が発表されました。」の記事でも書きました。

ホンダは当初独自に日本電産エレシス製を使用していましたが、性能が出ず、現在はボッシュのシステムに変えています。

CR-Vもボッシュのシステムなのですが、N-VANよりも微妙にハード古い為、ソフトのバージョンUPでは対応できず、N-VANにはやや劣ってしまっています。

とはいうもののシビックと同じシステムを使っています。

シビックはJNCAPの試験の遮蔽物ありで子供のダミーでも40km/hで止まれていることから、同様の性能である可能性が高いと言えます。

大人のダミーでも40km/hで自動停止しているので、十分合格点と言えます。

ちなみにカタログでは衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。

対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約100km/h以下で走行中の場合に作動します。

N-VANでは夜間歩行者検知も可能ですが、CR-Vでは夜間歩行者検知は不可となります。

HONDA ヴェゼル

ヴェゼルはレーダー+単眼カメラのホンダセンシングなのですが、日本電産エレシス製で測距離精度が低いです。

停止している車両に対する自動ブレーキが50km/h対応であることのみ合格というレベルです。

遮蔽物ありの歩行者には対応できていない模様で当然自転車や夜間歩行者検知はできません。

カタログにおいては次の通りです。

衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。

対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。


MAZDA CX-8,CX-5,CX-3

マツダは説明が簡単です。

各車種とも年次改良で最新の自動ブレーキにバージョンアップされるからです。

全ての車種について全て同じ自動ブレーキ性能を持っていると言えます。

マツダのこの方針はユーザー目線に立った良心的な対応でとてもすばらしいです。

ホンダのようにフルモデルチェンジまで放置しておく姿勢とは雲泥の差がありますね。

さて、マツダの現在のシステムはモービルアイ社製「EyeQ」画像処理ICチップにマグナ(多分マグナ・シュタイア)の単眼カメラとレーダーを合わせたシステムにとなっています。(カメラとレーダー両方がマグナ製かは不明)

カタログでの説明によれば、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートは先行車や前方の歩行者をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)、ブレーキを自動制御して衝突回避をサポートします。

また、夜間の歩行者検知精度の向上を図っています。

スマート・ブレーキ・サポートでは約15km/h以上で走行中、カメラと遠くまで検知できるミリ波レーダーで先行車を捕捉。衝突の危険があると判断すると音や表示で警告、さらにはブレーキを自動制御し、衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。

バージョンアップ前のJNCAPの試験成績を見てもCX-5で停止車両に対する自動ブレーキは50km/hをクリア、遮蔽物あり、歩行者も子供のダミーで40km/hをクリア、大人のダミーで45km/hをクリアしています。

新バージョンでは夜間歩行者検知も加わり、世界トップレベルの能力を持っていると言っても過言ではないと思います。

ただ、平成30年度のJNCAPの試験でアテンザの夜間歩行者検知はトヨタのセーフティセンスと比べると、やや劣る結果でした。

とはいえ、年次改良でバリバリ改善していくでしょうからやがて逆転する可能性は高いと思っています。


全メーカーがマツダと同じ姿勢で改良を加えていってもらえるととても嬉しいのですがねぇ。

今後の販売に影響してくるようなら各車真剣に考えると思うのですが。

自動ブレーキ性能がクルマ選びの重要なファクターになることを希望します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする