トヨタとレクサスのSUVにはどんな自動ブレーキが装備されているか調べてみた。

こんにちは。ジーボです。

ここ最近は自動ブレーキもあたりまえの機能になってきました。

そのせいか話題に上がらないこともあり、正しい情報、細かい条件などは自分でしっかりと調べなければわからない状況です。

進歩していく車種があると思えば以前から何も変わっていない車種もあります。

今回は今人気のあるSUVに絞ってトヨタ車、レクサス車にどんな自動ブレーキが付いているかを紹介します。

TOYOTA ランドクルーザー

ランクルの自動ブレーキはプリクラッシュセーフティと言い、古い世代のものです。

ランクルはプリクラッシュセーフティ/レーンディパーチャーアラート/オートマチックハイビーム/レーダークルーズコントロールを合わせてセーフティセンスと呼んでいます。

プリクラッシュセーフティは前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出します。

警報ブザーとディスプレイ表示で知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシストを行います。

ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車の速度が約10~80Km/hの速度域で動作し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には衝突回避または被害軽減をサポートします。

また、車両に対しては自車の速度が約10km/h以上から作動します。

たとえば、停止車両に対し、自車の速度が40km/hの場合は衝突回避または被害軽減をサポートします。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

ちなみにJNCAPの試験においてはSUV用のタイヤを履いているにもかかわらず、停止車両に対して自車の速度が50km/hで接近した場合でも完全停止できています。

TOYOTA ランドクルーザープラド

プラドもランクルと同じくプリクラッシュセーフティ/レーンディパーチャーアラート/オートマチックハイビーム/レーダークルーズコントロールを合わせてセーフティセンスと呼んでいます。

内容はランクルと全く同じです。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

JNCAPの試験は受けていませんが、こちらもランクルと同じくらいの成績ではないでしょうか。

TOYOTA ハイラックス

ハイラックスはZグレードのみ自動ブレーキを標準装備しています。

自動ブレーキの性能はランクルやプラドと同じです。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

また、プリクラッシュセーフティ/レーンディパーチャーアラートの2つだけなのでセーフティセンスとは呼んでいません。

ハイラックスもJNCAPの試験は受けていません。

TOYOTA ハリアー

ハリアーは現行車デビュー当時(2013年)、あまり精度の良くないレーダーだけのプリクラッシュセーフティでしたが、2017年のマイナーチェンジでレーダー+単眼カメラを組み合わせ、歩行者にも対応する自動ブレーキ機能が加わったセーフティセンスPになりました。

その内容は、前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシストします。

ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

プリクラッシュブレーキアシストはブレーキ力を強力にアシストし、先行車20km/h、自車80km/hの場合では、最大約60km/h程度減速します。

プリクラッシュブレーキは歩行者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。

また、車両に対しては自車が約10km/h以上で作動します。

たとえば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

JNCAPの試験では対歩行者(大人)・遮蔽物ありを35km/hでクリアしています。

背の低い子ども試験は受けていません。

対応できていないからでしょう。

TOYOTA C-HR


C-HRはトヨタの新世代プラットフォームTNGAを採用したSUVで、基本的にはプリウスに近いクロスオーバーモデルです。

採用されている自動ブレーキは1世代前のセーフティセンスPでハリアーと同じシステムと考えて良いです。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

JNCAPの試験では対歩行者(大人)・遮蔽物ありを30km/hクリアしています。

背の低い子ども試験は受けていません。

TOYOTA 新型RAV4

来年の春にはカローラ店、ネッツ店で販売が開始される新型RAV4の自動ブレーキは第二世代セーフティセンスであることはわかっています。

しかし、夜間歩行者対応なのかは明確になっていません。

ティザー広告を見る限りでは夜間の写真を掲載していることから、夜間歩行者検知、自転車検知をサポートしたものになると思われます。


LEXUS LX

LXはハードはトヨタのランクルと全く同じです。

ということで自動ブレーキについても全く同じです。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

また、JNCAPの試験は受けていません。

1000万を超えるクルマなのだから早急に最新型に変更すべきだと思います。

プレミアムカーらしくないです。

LEXUS RX

RXはトヨタのセーフティセンスPをそのまま使っています。

なので、自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

価格的なライバルとなるボルボXC60と比べると格段に性能が低いと言わざるをえません。

こちらもプレミアムカーなのだから、最新型に変更すべきです。

JNCAPの試験では対歩行者(大人)・遮蔽物ありを35km/hでクリアしています。

LEXUS NX

NXはハリアーがベースです。

よって自動ブレーキもハリアーと同じセーフティセンスPを使っています。

自転車検知や夜間歩行者検知はできません。

何度でも言いますが、プレミアムカーらしくないです。

早急に最新型に変更すべきです。


以上、トヨタとレクサスのSUV車両の自動ブレーキ性能でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする