第2世代トヨタセーフティセンスは2種類あります。

皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話はトヨタの第2世代セーフティセンスについてですが、お話の前に申し上げておくことがあります。これから記載することはジーボの推測が多く入っているということです。ですので事実と異なる可能性があることをご承知おきください。推測の部分はわかるように記載していきますが、事実と推測が入り混じるようなところがあるかもしれません。そのときはご容赦ください。

第2世代トヨタセーフティセンス

さて、このブログは規模はまだまだ小さいですが、その中でも人気のあるコンテンツに第2世代トヨタセーフティセンスは世界有数の自動ブレーキだ!!という話題があります。この「第2世代トヨタセーフティセンスは」というところを「第2世代トヨタセーフティセンスの一部は」と変更しなければならないと考えています。その理由についてお話しましょう。

そもそもこのコンテンツを公開した2018年1月時点ではマイナーチェンジしたアルファード・ヴェルファイアしか第2世代セーフティセンスが搭載せれていませんでした。その機能はご存知のように歩行者だけでなく自転車検知できること、夜間でも歩行者検知できることなど高機能でまさに世界有数の自動ブレーキです。

その後、2018年中に全車種を第2世代トヨタセーフティセンスに切り替えるという発表があり、トヨタ車の安全性は相当高まると期待していました。

おや?

そしてアクア、ヴィッツなどが第2世代トヨタセーフティセンスに切り替わったのですが、Webの情報を見る限りでは歩行者検知はできるものの、自転車検知や夜間歩行者検知はできないようでした。

これでは以前のセーフティセンスCとPに分けていたのと同じです。むしろ以前の方が名称を分けていた分ユーザーに親切です。

どうしてこうなった?

なぜこんなことになるのか最近になって真面目に考えて理由が推測できました。その発端はカローラスポーツに搭載しているセーフティセンスの単眼カメラとミリ波レーダーはコンチネンタル製であるという事実です。

カローラスポーツに搭載されているセーフティセンスは自転車検知、夜間歩行者検知のできるタイプです。ということはこの機能がついているセーフティセンスは全てコンチネンタル製だろうと考えられます。一方、自転車検知、夜間歩行者検知ができないアクアやヴィッツは単眼カメラ+レーザーレーダーの構成でデンソー製なのではないかと考えました。こう推測した理由は2つです。

1つ目は自動ブレーキを構成するセンサーの違いです。明らかに部品が違うため、コンチネンタル製とは思えません。2つ目はこれまでのセーフティセンスC,Pはデンソー製だったという事実です。クルマ雑誌では初めてデンソー以外のサプライヤーが採用されたとなっていますので裏を返せばこれまでの自動ブレーキに関する部品はデンソー製だったと言えます。

なぜ全て同じ自動ブレーキにしない?

では、なぜ全てコンチネンタルしないのでしょうか?それはおそらくコストの問題でしょう。推測ですが、単眼カメラとレーザーレーダーの組み合わせを単眼カメラとミリ波レーダーに切り替えるだけでは済まずその他の部品にも影響が出るのだと思われます。そのコストが大きく通常のマイナーチェンジレベルでは済まないのでしょう。

その為、新車やビッグマイナー等で大幅に変更できる時にコンチネンタル製に交換していくのでしょう。

事実、自転車検知、夜間歩行者検知ができるのはカローラスポーツとクラウンというニューモデルとフロントフェイスを大幅に変更し、ビッグマイナーしたアルファード・ヴェルファイアの4台だけです。

アクアやヴィッツ、シエンタなどの自動ブレーキの更新は単眼カメラ+レーザーレーダーの構成を変えずに歩行者検知ができるようにデンソーのソフトウェアをバージョンアップしたのではないかと推測します。

まとめ

まとめると、世界有数の自動ブレーキと言えるのはコンチネンタル製のセーフティセンスでだけあり、アクアやヴィッツに搭載されているセーフティセンスは現状平均点な自動ブレーキであると推測します。

ジーボが今回言いたいのは第2世代トヨタセーフティセンス

と言っても2種類あり、その機能差はとても大きいということです。その差がどうして発生しているかについてはジーボの推測であるということを今一度申し上げておきます。

蛇足

ところでコンチネンタルはどうしてトヨタのサプライヤーになれたのでしょうか?これも推測ですがトヨタとBMWの提携が関係していると推測しています。コンチネンタルはBMWに電子制御ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどを納めていますので、BMWのツテを使って自動ブレーキの性能UPを急ぎたいトヨタが接触したのではないかと推測します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

追伸:

これも推測ですが、次にコンチネンタル製のセーフティセンスが搭載されるのは12月にフェイスリフトを含んだビッグマイナーをする予定のプリウスだろうと考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする