クルマが浸水した場合の対応について調べてみた。

皆さんこんにちは。ジーボです。最近夏は各地で豪雨による災害が増えていますね。ジーボは幸いまだ被害にあったことはありませんが(雪ではひどい目に遭いましたが、クルマの損傷はなかった)、他人事ではなく、いつ自分がその被害に遭ってもおかしくはないと思っています。豪雨による川の氾濫でなくても例えば線路の下を抜けるちょっとした谷間になっている道路では水が溜まり、無理やり通過しようとしてクルマが止まって浸水してしまうことも十分考えられます。

国土交通省では浸水や冠水の被害を受けたクルマのユーザーに対して「水に浸かった車両は外観上問題がなさそうな状態でも感電事故や電気系のショートになどよる車両火災が発生する恐れがある」と注意喚起しています。

クルマが浸水、冠水した場合の対処

国土交通省は次のような対処をして欲しいといっています。

  1. エンジンをかけない。
  2. 動かしたい場合は、自動車販売店または最寄りの整備工場などに相談する。
  3. ハイブリッド車や電気自動車は高電圧のバッテリーを搭載しているのでむやみに触らない。
  4. 安全が確認できたら、発火の恐れがあるのでバッテリーのマイナス端子を外す。

ということでまずは速やかに自動車販売店やロードサービスに連絡するのが一番良いようです。

クルマの修理

冠水したクルマの修理についてですが、車両の損傷次第になります。フロアまで浸水している場合、電気系統をすべて交換する必要があったり、異臭がするなどの問題が出るケースもあるようです。

保険について

また保険については車両保険に入っていれば損害状況に合わせてほぼ保険金が支払われます。もし、損傷を修理できない場合や修理はできるが、修理費が車両保険金額以上になる場合は全損扱いとなり、車両保険金額の全額が支払われます。

ちなみに浸水による損害で車両保険を使った場合、翌年は1等級のダウンとなります。また、浸水でも地震、津波、噴火が原因による浸水の場合は自動車保険の保障は受けられないということです。

地震や津波はともかく豪雨についてはある程度避難する時間があるので、いざという時の為にクルマの避難場所も決めておくと良いと思います。ジーボの地域などはクルマが無いと生活に困るような地域ですのでクルマが使用不能になったらとても困ります。いざという時の備えをキッチリとしておきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする