ニッサンニュース リーフ、ジューク、セレナ、ノートe-POWER

皆さんこんにちは。ジーボです。今回は最近のニッサンの情報について書きます。

リーフ

7月19日に内外装に専用パーツを用い、専用チューンされたコンピューターによって俊敏なアクセル・レスポンスが実現されているニスモが加わりました。足元は18インチのハイグリップタイヤを採用している。

ジューク

8月29日、エクステリアにNISMOパーツが流用された新グレードStyle NISMOが登場しました。オーバーフェンダーや専用バンパーとグリル、スポイラー、サイドシルプロテクターなどがNISMOから流用されます。タイヤサイズは17インチで専用サスペンションは省かれています。また、エンジンも1.5ℓNAエンジンで駆動方式も燃費重視で2WDのままです。

また、合わせてインテリジェント アラウンドビューモニター、キセノンヘッドランプ、ディスプレイ付自動防眩式ルームミラーを装着した、「アラウンドビューモニターパッケージ」を設定しています。

価格は225万からでNISMOはカッコいいけど300万近い価格では手が出せないと考えていた方にはおすすめです。

セレナ

9月6日にセレナが一部改良を受け、発売されました。既にe-POWERに採用されている自動ハイビームがe-POWER以外のモデルにも追加され、標識検知機能が最高速度と一時停止に対応しました。また、寒い日には重宝するステアリングヒーターを上級グレードにオプション設定しています。

踏み間違い衝突防止アシストは障害物だけでなく、歩行者検知ができるようにバージョンアップされました。

このほか、純正ナビ装着時にアラウンドビューモニターとパーキングアシストがディスプレイ画面ではなく、ナビ画面に表示されるように改善されました。

廉価グレードにもインテリジェントキーとプッシュ式スタートを標準化され、フロントウィンドウ上部には黒メッシュがプリントされてサンバイザーで覆い隠せない部分からの日光を和らげる措置も施されています。

なお、今回の改良はセレナNISMO、AUTECH、ステップタイプ、ライフケアビークルなどの特別装備車にも適応されています。

ノート

NISMOと電動テクノロジーの相性のよさを示した。ノートe-POWERニスモにチューンアップ仕様が加わります。

ニスモSという名称になる新グレードではインバーターが変更され、モーターに供給される電力が増やされます。

これによって現状よりも25%ほどパワーアップします。

デビューは9月25日を予定しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする