軽自動車ニュース 最近発売されたN-VAN、ジムニー、ミラトコットなどの販売状況

皆さんこんにちは。ジーボです。今回は最近発売された軽自動車の販売状況を中心に紹介します。

ホンダ

N-VAN

ホンダが7月12日に発表、13日に発売したN-VANが好調な滑り出しです。商用車でありながら遊びのクルマとしても使える仕様があることで法人よりもむしろ一般ユーザーが買い求めているケースが目立つようです。7月中旬時点での納期は3か月待ちの11月中旬以降でバックオーダーは推定で1万5000台ほどとなっています。

N-VANはG,Lの業務用とスタイルファン、スタイルファンターボ、スタイルクール、スタイルクールターボの6タイプを設定していますが、中でもハイルーフ仕様のスタイルファンが売れているようです。このため、一部でN-BOXと競合する事態も発生しています。

7月の届出台数は3035台でこれまでのアクティバン、バモス、バモスホビオの3倍の売れ行きということです。

やっぱり一般ユーザーの引き合いの方が多くなりそうな雰囲気ですね。N-BOXの販売にも影響するかもしれませんね。

スズキ

スペーシア

2017年12月にフルモデルチェンジしたスペーシアは依然として好調な販売推移を見せており、スズキの軽自動車のトップセラーとなっています。

ここ数カ月は月販1万3000台規模をコンスタントに販売しており、ホンダのN-BOXについで銘柄別で2位を安定的に確保しています。前年同期比50%以上の増加でN-BOXの15%増を大きく上回っています。(まあ、比率で言ってしまうとN-BOXは不利ですね)

スズキの軽自動車販売は6月にダイハツを上回り、業界首位に浮上しており、今後の行方次第では年間でもトップ奪還の可能性も出てきました。(ホンダが月販2万台程度N-BOX売っても首位にはなれないんですねぇ。)

ジムニー

ジムニーの年間販売計画は1万5000台ですが、この分の受注は既に終えており、受注の累計台数は2万5000台を突破した見込みです。スズキは多数のバックオーダーの解消の為、フル生産と残業の実施に加え、大幅な増産をする準備を行っているところです。

首都圏のスズキ店やスズキアリーナ店ではカタログの在庫がなくなり、再三再四メーカーに発注しなおしているそうです。発売したばかりの新型車でカタログの在庫がなくなるのは珍しいということです。

下取り車で目立つのは歴代のジムニーに加え、ハスラー、スイフトスポーツ、スペーシア、ワゴンR、アルトシリーズの他、トヨタ、ホンダ、ニッサンの小型車やコンパクトカー、軽自動車のスポーツモデルなどです。

購入者は20~30代の若者のほか、女性のユーザーも多いようです。売れ筋グレードは最上級グレードのXCで半分強がマニュアル車です。

下取り車のジムニーは10年落ち、10万キロ以上の走行車でも程度のいい上級グレードであれば20万円以上の買い取り額となるようです。中古車市場においてもジムニーは人気モデルですので販売店ではこの面でも収益の良い商売になると喜んでいます。

なお、多くの正規店では成約時に手付金として5万円程度徴収しています。ただし、成約後の確実な納期を確保するために50万円もの手付金を徴収している販売店もあるということですから、契約時の条件についてはしっかりと確認しておく必要があると思います。

ダイハツ

ミラトコット

ダイハツが6月25日に発表、発売したミラトコットは発売後1か月の受注がおよそ9000台となっています。これは月販目標の3倍にあたる数字です。絶好調かとおもいきや、販売店によればまずまずといった感触のようです。

7月下旬の納期は1.5か月~2か月待ちでしたが、8月中旬で納期は10月中旬以降で2か月待ちとなりました。

売れ筋は中間グレードのXまたは上級グレードのGです。予防安全システムの「スマートアシストⅢ」の装着車が大半を占めています。

女性をターゲットにしているモデルですが、実際には男性を含めたシニアまで幅広い層で売れています。

ちなみに8万円程度の値引き幅で新型車としては標準的な値引き条件です。

ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスが一部改良を受けて9月3日に発売されます。また、お買い得なグレード「リミテッド」シリーズが新たに設定されました。グレード体系が変更され、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を標準装備し、「G”メイクアップリミテッドSAⅢ”」と「X”メイクアップリミテッドSAⅢ”」にはパノラマモニター対応純正ナビ装着アップグレードパックを標準装備しています。パワーモードへの切り替えが可能な「D assist切替ステアリングスイッチ」とブラックインテリアパックを標準装備した2つのグレード「G”ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」、「X”ブラックインテリアリミテッドSAⅢ”」も追加されています。

タント・ムーヴ・ミライース・キャスト・ウェイク

8月20日と9月3日にダイハツの軽自動車5車種にパノラマモニターなどの快適装備が追加された「リミテッド」シリーズが設定されました。通常グレードにパノラマモニターを追加するよりお得な価格設定になっています。但し、ミライースのみパノラマモニターではなくバックカメラの搭載となっています。

以上、軽自動車ニュースでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする