トヨタ、ニッサン、スバルのACCとLKAの機能について比べてみた

皆さんこんにちは。ジーボです。今回はACCとLKAについて書きます。ACCとはアダプティブクルーズコントロールのこと。前走車との車間を保ちつつ速度調整を自動で行う機能です。LKAはレーンキーピングアシストの意味で車線内の中央を維持して走るように自動的にステアリング操作をアシストしてくれる装置です。ここではトヨタ、ニッサン、スバルのACCとLKAについて比べて見ます。

トヨタセーフティセンス(第二世代)

まずはミリ波レーダーと単眼カメラで実現しているトヨタの第二世代セーフティセンスです。第二世代セーフティセンスのACCは全車速対応、LKAは50Km/h以上で作動できます。LKAの機能はかなり優秀で高速道路ではしっかり車線の中央を維持します。緩やかなカーブでも前走車がいなければ車線の中央を維持してコーナーを曲がることが出来ます。車線の色がかすれたり、薄くなっているなどでLKAの作動が中断しても復帰がとても早いです。

ACCは全車速対応なので渋滞でも機能し、最高180Km/hまで設定できます。こんな高速で走れるところは日本ではサーキット以外にはありませんが。100Km/hで前走車を追従時に車間距離を最短にした状態でちょうど良い距離を維持します。デモでACCを40Km/hに設定し、前方で停止している車両に自動ブレーキを試したところ、かなり直前まで自動ブレーキを動作させず、ドライバーに注意喚起し、最後はしっかりと停止しました。第二世代セーフティセンスではACCは個別で作動できますが、LKAはACCをONにしないと使えないようです。また、キャンセルはブレーキを踏むことでキャンセルできます。

ACCの操作性ですが、以前ヴェルファイアの試乗の話でも記載しましたが、トヨタ車に慣れている方には使いやすいのかもしれませんが、レバーを使うタイプでもっとも操作がわかりにくく感じました。(情報によればトヨタもレバーからハンドル右のスポークに移行しつつあるようです。やっぱり使いづらいのでしょう)

ニッサン プロパイロット

ニッサンもミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムですが、ACCは単眼カメラからの情報のみで制御しています。自動停止まで含めた全車速対応で最高設定速度は115Km/hです。LKAも基本的には同じです。ただし、一般道ではLKAはほとんど作動しません。ACCの追従機能は優秀で信号停止から発進の時はアクセルを少し踏むことでそれまで設定してあった速度で追従し始めます。また、3秒以内であれば自動で発進します。

前走車追従での車間距離を最短にセットした場合ではどちらかというと距離を取っているほうでした。前走車が信号待ちで停止した時の停止車間も比較的長めで、アクセルを踏んで自分で近づけることがよくありました。

LKAはバイパスの信号のない区間で作動しました。その印象はしっかりとしたステアリングサポートで車線内中央維持のレベルも良かったです。

この確認はセレナe-powerで確認したのですが、現在のプロパイロットは最初のプロパイロットからバージョンアップしており、渋滞時の支援制御や加減速時の制御がよりスムーズになっているようです。

デモで停止車両にACC設定40km/hで試したところ、かなり手前から停止車両を認識し、自然な感じで恐怖感なく減速し、停止しました。初心者や高齢者でも恐怖感なく、安心できる制御だと思います。

プロパイロットスイッチをONにすることでACCとLKAが連動して作動するタイプです。こちらもブレーキをふむことで両方とも解除されます。

操作系はハンドルの右スポークにまとまっていて一目で操作がわかるとても使いやすいものです。

スバル アイサイトツーリングアシスト

最後はスバルのアイサイトツーリングアシストです。クルマはレヴォーグで確認しました。スバルは2個のカメラ(ステレオカメラ)でACCとLKAを動作させる独自のシステムです。他の2社がミリ波レーダーと単眼カメラでシステムを構成していることと比べると比較的コストを抑えることができています。

ACCは0~135km/hまで対応しています。ACCを最短に設定した時の距離は短めです。追従時の加速はドライブモードの設定で変化させることができ、とても使い勝手が良くできています。またACCをステレオカメラで制御していることで前走車のブレーキランプを認識して早めに減速するなどミリ波レーダーにはない安全機能を有しています。

LKAもACCと同じ速度域で動作します。そのアシスト力は比較的緩やかでゆっくりとステアリングを切るため、違和感が少なく、すぐに慣れることができそうです。ステアリングができないようなカーブでは早めに諦めてドライバーに制御を渡し、慌てさせないようにしている感じです。

ACCを40km/hに設定して停止車両への自動ブレーキでは早くに停止車両を認識して早めのブレーキ開始ですが、初期が非常に緩くブレーキングして近づくにつれて強くして止まるので人間の操作に近いと思います。

操作系はニッサンとほぼ同じで使いやすいです。

まとめ

アイサイトはドライバーに恐怖感をいだかせない止まり方をしますが、トヨタやニッサンは比較的近づいてからブレーキをかけ始めます。このあたりは開発者の考え方以外が出ているのだと思います。ACCの制御では現時点でコストも含めてアイサイトが一番良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする