8月のクルマ情報4選カムリ、デミオ、ジューク、アウトランダーPHEV

皆さんこんにちは。ジーボです。今回は8月のクルマ情報を4つご紹介いたします。

トヨタカムリ、一部改良

トヨタは今週8月1日にカムリを一部改良します。また、この改良に合わせて追加グレードの設定、及びボディーカラーの変更も行います。

一部改良では踏み間違い防止装置をセットオプションからGグレード、Gレザーパッケージグレードで標準装備とします。

また、予想ですが自動ブレーキも夜間歩行者検知可能にバージョンUPされるのではないかと思われます。

装備の面ではJBLのプレミアムサウンドシステムをメーカーオプション設定します。

ボディーカラーはエモーショナルレッドがエモーショナルレッドⅡに変更されます。

更に新規グレードとしてWSグレード、WSレザーパッケージグレードを追加します。また、北米で好評なスポーツグレードであるSEグレードとXSEグレードを国内にも投入し、新規客層を開拓し、拡大を図りたい考えです。

パワーユニットについては北米の3.5リッターガソリンではなく、これまでと同じ2.5リッターハイブリッドを使用するようです。

外観はフロントバンパーの変更、リアのデュアルマフラーカッターの採用でスポーティーさを表現します。

マツダデミオ8月下旬に改良

マツダのデミオが8月下旬に一部改良を行う予定です。

内容はガソリンエンジンを1.3リッターから1.5リッターへの変更です。

1.5リッターガソリンのグレードは1.3リッターのグレードパターンと同様で15Cグレード、15Sグレード、15Sツーリンググレード、15SツーリングLパッケージグレードの4つで、トランスミッションは6速ATと5速MTの組み合わせとなります。

価格はAT車、MT車は同価格で、1.3リッターと比べるとCグレードとSグレードは据え置き、ツーリンググレードは10万円程度の価格UPになります。1.5リッタークリーンディーゼルは1万5000円の値上げとなります。

従来モデルは6月いっぱいですでに生産中止となっており、在庫一斉セールも終盤です。改良モデルの事前予約が始まっています。

ニッサンジュークに追加設定

ニッサンは8月29日、ジュークに「スタイルニスモ」を追加設定します。

エアロパーツの採用や足回りを強化したモデルで特別色のホワイト、ブラック、シルバー系のボディーカラーがラインアップされています。

価格はベースグレードの20万から30万ほど高い装備内容となる見込みです。

なお、従来モデルについての改良は今回行わない予定です。

ミツビシアウトランダーPHEVをマイナーチェンジ

ミツビシは8月末にアウトランダーPHEVをマイナーチェンジします。

主な変更点は内外装のデザインの変更、PHEVのパワートレーンの改良などです。

外観はフロントバンパーとグリル、アルミホイールのデザイン変更を行います。

パワートレーンはPHEVの2リッターエンジンを2.4リッターに変更、バッテリーの容量アップやモーターの大型化が図られます。

これによって航続距離が従来の60Kmから65Kmに向上します。

エンジンの排気量アップで動力性能は向上しますが、燃費は多少悪化する見込みです。

なお、ガソリン車の変更は今回行われません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする