ホンダCR-Vは8月30日発表。予約販売も始まってます。

皆さんこんにちは。ジーボです。今回は前回の予告通り、ホンダCR-Vについて話します。先週末に車検の見積もりのために無料点検を受けたのですが、点検が終わるのを待っている間にセールスさんからCR-Vについて説明を受けました。

事前予約用のパンフレットが出来上がっていて、それをもとに説明してもらいました。CR-Vは以前に日本で販売されていたものの、2016年の4代目を最後に海外のみの販売となっていました。現行5代目は当初海外のみの販売でしたが、販売から2年が経過した今年、日本に再上陸とすることになりました。

パワーユニットは1500ccターボと2000ccハイブリッドの2種類。1500ccターボは190馬力のハイパワーです。駆動方式はFFと4WDで今回i-MMDスポーツハイブリッドとしては初めて4WDがラインナップされました。

4WDはホンダ特有のリアルタイムAWDです。これまで生活4駆の印象が強く、本格的な走破性は今一つでしたが、今回は走破性をかなり高めたということでした。

また、ガソリン車には3列シートの7人乗りが用意されています。営業用の資料を見る限りではそんなに広くはありません。緊急避難的に使うぐらいでしょうか。3列目は今やホンダのお家芸ともいえる床下収納式で積載量も考えた作りになっています。

3列シートのみ2列目シートが150mmスライドするようになっています。主に3列目の乗降の為の措置です。

グレードはガソリンのEXとその上のグレード(EXナントカ…名前忘れました。(;^_^A)、そしてハイブリッドのEXとその上のグレードの4種類しかありません。

EXというと通常ホンダのグレードの中では最上級を示すものですが、そのグレードが今回はエントリーグレードということになります。しかし、EXというだけあって装備はなかなか豪華です。

ホンダセンシング一式、ブラインドスポットインフォメーション、1列目シート用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム、ホンダインターナビ+リンクアップフリー+ETC2.0、8スピーカー、LEDヘッドライト(ハイ・ロービーム、オートレベリング・オートライトコントロール機能付き)、運転席8ウェイパワーシート、運転席4ウェイ電動ランバーサポート、運転席・助手席シートヒーター、電子制御パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能、18インチアルミホイール

これ全部標準です。すごいですね。

上級タイプはこれに電動パノラミックサンルーフ、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート、ルーフレール、本革シート、助手席4ウェイパワーシートが付きます。

色は白、銀、黒2種類、青、赤の6色です。

気になる価格ですが、ガソリンのEXが320万、その上が360万、ハイブリッドEXが380万、その上が410万くらいだったように思います。

装備を考えるとガソリンEXの価格は安いのではないかと思います。

ライバルはCX-5やハリアーを想定しており、動力性能で上回っていること、加速性能で上回っていることをアピールしていました。

CX-5のディーゼルが320万くらいなのでちょうどEXと同じくらいですね。価格もライバルと同じような値付けをしているということですね。

予約販売も既に行われているということです。

さて、ジーボが選ぶなら断然ガソリンEX 5人乗りのAWDですね。

ハイブリッドにも興味がありますが価格的にちょっと厳しいのと190馬力のターボエンジン、税金の安さが魅力です。

8月31日には試乗車が用意されるということなので試乗して、また報告します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする