自動運転ってなに?やさしく、わかりやすく紹介します。

皆さんこんにちは。ジーボです。今回は自動運転についてわかりやすく説明します。

自動運転と聞いてどんなイメージを持つでしょうか?

運転手がいなくて目的地を指定するとあとはクルマが勝手に走り出して目的地に連れて行ってくれる。

というイメージでしょうか?

確かにその通り。でも、現時点ではまだそこまでできていないのです。

どういうことかというと、今CMなどで言われている自動運転は先ほどのイメージの一部しか実現できていないのです。

正確に表現すると半自動運転あるいは一部自動運転というレベルです。

では、一部自動運転とはどういうことができて、どういうことができていないのでしょうか?

完全な自動運転まであと少しなのか、まだまだ完全自動運転には程遠いのかわかりませんね。

そこで、日本の政府や米国運輸省道路交通安全局で自動運転のレベルというものを定義しました。

これによって完全な自動運転にどこまで近づいているかを示そうとしたのです。以下にそのレベルについて説明します。

自動運転区分

  • レベル0

全ての操作を運転手が行う。

つまり人間が普通に運転するということです。

これは自動運転が全くできていないレベルであることを示しています。

ちなみにこのレベルでは事故を起こした場合の責任は運転手にあります。

当然と言えば当然ですね。

  • レベル1

ハンドル操作または、加減速のいづれかをクルマ側が支援する状態をいいます。

クルーズコントロールや自動ブレーキなどが代表的な例です。

クルーズコントロールでは速度を設定すれば、アクセルを踏まなくても設定した速度で走り続けます。

でも前の車が遅い場合、そのままならぶつかっちゃいますよね。

自動ブレーキがあれば止まるじゃないかと思うかもしれません。

しかし、レベル1は一つの機能しか持ち合わせていないのです。

クルーズコントロールと自動ブレーキがある場合は2つの機能を持つことになるのでレベル2になります。

ちなみにこのレベル1でも事故の責任はドライバーにあります。

  • レベル2

先ほど書きましたが、ハンドル操作と加減速が連携する部分自動運転です。

このレベル2の例としてはアダプティブクルーズコントロール(略称ACC)です。

前を走るクルマとの車間距離を自動的に保ちながら、設定した速度までの範囲で走行します。

前のクルマが止まれば自動的に止まる。

ACCで運転しつつ、車線に沿ってハンドル操作を自動的に行うレーンキープ機能などもあります。

ちなみに現在市販車で実現できている自動運転は全てレベル2の自動運転です。

ニッサンのプロパイロットやスバルのアイサイトツーリングアシストなどもレベル2です。

路上で実験している実験車には更に上のレベルの自動運転車があります。

運転手は常時、運転状況を監視操作する必要があるため、事故の責任は運転手にあります。

  • レベル3

限定的な環境下もしくは限定的な交通状況のみで全ての操作を自動で行います。

これはどういうことかというと例えば60km/hまでなら完全自動運転が可能というようなことです。

しかし、緊急時に自動運転システムが人に助けを求めた時には運転手として車を操作しなければならないというレベルです。

言うなれば条件付き完全自動運転です。

ところが、緊急時に人間が適切に運転を交代できるかは疑問が持たれています。

ちなみに緊急時には人間が運転を変わらなければならないことから、事故の責任は運転手にあります。

レベル3の市販車は2018年、つまり今年、ドイツのアウディというブランドのA8という車で初めて販売される予定です。

  • レベル4

特定の状況下のみ(例えば高速道路上のみなど、極限環境を除く天候などの条件)で完全自動運転というもので、高度自動運転と表現しています。

特定の条件を離れた場合は人が運転する必要があります。

日本政府は2020年までにこのレベル4の自動運転車を実用化させようとしています。

現時点では鉱山などで使用されている無人ダンプや無人軍事車両などで、特殊な環境で運用されているもののみで一般の市販車はありません。

ちなみに特定条件下における事故の責任は自動運転システムになります。

すなわち自動車メーカーの責任ということです。

  • レベル5

完全な自動運転を指します。

つまり最初に書いた一般的なイメージそのものが実現できた姿です。

日本政府は2025年を目途にレベル5のクルマの実用化を目指しています。

ちなみにレベル5での事故の責任は自動運転システム、すなわち自動車メーカーになります。

これもまた当然ですね。

乗っている人は運転していないのですから、責任を問うことはできません。

自動運転のメリット

自動運転のメリットとしては交通事故の減少が上げられます。全ての自動車がレベル5の自動運転車となった場合、クルマ対クルマの事故はほとんどなくなるのではないでしょうか?

自動運転のデメリット

デメリットとして挙げられるのは事故の責任を自動車メーカーが問われること。

全ての車がレベル5になったとしても、クルマ対人の事故はクルマ対クルマほど少なくならないと思います。

この時の賠償責任を自動車メーカーが全てしょい込むことを良しとするでしょうか?

実際トヨタは他メーカーとは一線を画す態度でレベル4,5の実用化には消極的です。

終わりに

自動運転について、少しは理解できましたでしょうか?

少しでも多くの人が自動運転について興味を持って、正しい理解ができるようになっていただければ良いと思って書きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする