各社AWDの方式についてまとめてみた。

 皆さんこんにちは。ジーボです。今回は各社のAWD方式についてお話します。

ホンダ リアルタイムAWD

 通常はFFで空転を感知すると電子制御の油圧クラッチが作動して4WD制御に瞬時に移行する。油圧らしいスムーズさが強み。

 ホンダは昔からフルタイム4WDとは呼ばずリアルタイム4WDと呼んでいます。ホンダの4WDが良いという話は昔も今も聞いたことがありません。あ、でもレジェンドに搭載されているSH-AWDの評価は高いです。機構はかなり複雑で重いと聞きますが。

スバル シンメトリカルAWD

 モデルごとに駆動配分は異なるが、常時4輪駆動を維持する特性が強み。X-MODEなどで電子制御による柔軟な駆動配分を行う事で幅広い走行ステージで高い走破性能を発揮する。

 長年培った技術はさすが。評価も高いです。

ニッサン インテリジェント4×4

 前後輪のトルク配分に加えて、後輪左右へのトルク配分も可能とする上級システム。リア側の電子制御ドライブユニットを用いることで左右後輪の柔軟なトルク配分を実現している。

 ニッサンの4WDといえばGT-RのアテーサE-TSが有名ですが、このAWDの評価は良くもなく、悪くもなく…

ミツビシ S-AWD

 モデルごとに基本の4WDシステムは異なるが、各種センサーが得た情報を基に駆動力や制動力を制御する機能は共通。前後4輪へ最適な動力配分を行うことで安定した走りを実現している。

 AWDではスバルに対抗するもう一つの有。パジェロやランエボなど高スペックなAWDを販売しています。

トヨタ マルチテレインセレクト

 ランドクルーザー系のパートタイム4WD車に採用される制御技術。アクセル応答とアクティブトラクションコントロールを統合的にコントロールし、悪路でも安定した走りを実現している。

 意外と知られていないが、ランドクルーザーは世界で認められている車で本格オフローダーとして有名です。

マツダ i-ACTIV AWD

 通常時はFF駆動だが、周囲に配されるセンサー情報から路面状況やドライバーの意図を検知し、先回りで電子制御クラッチを作動。スムーズな4WD駆動を披露する。軽量なシステムも魅力。

 ホンダのシステムに似ているが、ホンダと違って評価は高い。

スズキ ALLGRIP

 「電子制御4WDシステム」、路面状態やドライバーの意思に応じて選択できる「4モード走行切替機能」、横滑りを検知して運転操作をアシストする「車両運動協調制御システム」の3つのテクノロジーからなる。

 評価については情報が無く、よくわかりません。ALLGRIPとは関係ありませんが、ジムニーは世界で評価されています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

皆様の参考になれば幸いです。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする