タラレバ男が4WDを選ぶなら、フォレスター、デリカ、それともCX-5?

皆さんこんにちは。ジーボです。先日の大雪でジーボの地域では4WDの人気が高まりました。そこで今回は4WDを選ぶなら?というお題で書きたいと思います。

4WDと言えば評価が高いメーカーは三菱、スバルですね。三菱はバブル期に挑戦していたパリダカールラリーでパジェロが優勝を争う活躍をしていたことを思い出します。また、欧州ラリーでのランエボの活躍もあり、レースで培った4WD技術は評価が高いです。最近では45度の急斜面を登るパフォーマンスが記憶に新しいですね。

一方スバルは随分古くから4WDに力を入れていて培った技術には定評があります。この2社はジーボにとっては4WD車を選ぶ際には外せないメーカーです。

この他ではマツダも技術力が高いようです。マツダもバブル期には欧州ラリーでファミリア4WDで技術を磨いていました。しかし、ラリー撤退後は4WDで注目されることはなかったのですが、昨年発売したCX-5の4WDは評価が高いようです。

空白の期間があったにもかかわらず、技術を進歩させ続けていたことに驚きと敬意を表します。

価格を度外視して選んだら

では車を選んでみることにしましょう。まずは車の値段を度外視して選んでみます。但し、ジーボは日本車びいきなので日本車以外からは選びません。

値段を考えなければ、三菱のパジェロかトヨタのランドクルーザーを選びます。

おや?と思った方も多いでしょう。散々前振りでスバルやマツダを持ち上げておいて、トヨタのことは何も言わずにランクルを選ぶとは何事?といいたいところでしょう。

しかしランドクルーザーは世界的に評価の高い4WD車です。道路事情の悪い国では大人気の車ですから、これは外せません。但し、日本で使うならランドクルーザープラドで十分だと思います。

パジェロも悪路走破性には定評があるので良いのですが、ランクルプラドは自動ブレーキも付いています。日本国内で使用するならやはり安全装備も重視したいです。ということで、ジーボは

ランドクルーザープラドを選択します。

300万以内なら

でも実際には値段を考えずに買えるほどジーボは経済力がありません。やはり価格は制限せざるをえないですね。ということで300万以内で4WD車を考えてみます。

まずスバルではXモードが使える車種を選びたいです。Xモードとは雪道や山道などの悪路でタイヤが空転してしまうようなシーンで、あらかじめスイッチをONにしておけば制御が瞬時に介入。エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御し、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールすることで、スムーズな脱出を実現します。

また、下り坂などで車速が急に上がってしまうような場面では「ヒルディセントコントロール」が作動。ブレーキ操作に気をつかう雪道や砂利道の下り坂などでも、常に一定の車速を維持しながら下ることができます(スバル公式Webからの抜粋)

この機能が付いているのはスバルXV、フォレスター、アウトバックになります。アウトバックは価格的にオーバーしてしまうので対象から外れます。残りの2台のうちどちらを選ぶかですが、乗り心地でXV、悪路走破性でフォレスターとなります。先日の大雪のことを考えると、ここはやはりフォレスターがややポイントが高いです。スバル車ではフォレスターを候補にします。

続いてマツダですが、マツダはCX-5の一択です。CX-3では悪路走破性で心もとないし、CX-8では価格が高すぎるからです。

次に三菱です。三菱ではパジェロ、アウトランダー、デリカが挙げられます。パジェロは価格でアウト、アウトランダーとデリカを比べるとデリカは45度の急斜面を登れますが、アウトランダーではできないので、やはり走破性でデリカD-5を選択します。デリカD-5はミニバンタイプなので広さの面でもプラスポイントです。

さて、フォレスター、CX-5、デリカD-5の3台からジーボが選ぶのは、

フォレスターです。

次点はデリカD-5です。CX-5は全幅が大きいのがジーボにとってはマイナスポイントでした。デリカD-5はミニバンなので今乗っているエリシオンとは違うタイプに乗りたいという願望もあってフォレスターにしました。また、安全装備でもアイサイトが装着されているのがプラスポイントになりました。

でも超現実的に考えると

実は現実的には300万でもお金出せないです…。現実的に考えるとジムニーかジムニーシエラあたりが妥当かなと思います。ジムニーの悪路走破性は高く、価格は200万いかないくらいなのでジーボには手ごろな価格と言えます。

終わりに

いかがでしたでしょうか?車を選ぶにしても色々な制約が働きますね。時には選択肢が無くなってしまう場合もあります。皆さんは車選びをする際にどんな点を重視しますか?

人それぞれだとは思いますが、後悔しないようによくよく考えて満足のいく選択をしたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする