絵本 おだしんいちろうさんの「タイムカプセル」を紹介。子供の頃の記憶を思い出そう。

皆さんこんにちは。ジーボです。今回のお話は2011年発行、おだしんいちろうさん作、こばようこさん絵の「タイムカプセル」です。

あらすじ

 えいたとはると は、ねんしょうさんからのしんゆうです。おべんとうのおかずのとりかえっこはいつもだし、あそぶときも、おゆうぎのときも、うたをうたうときもいつもいっしょ。もうずぐ二人は小学生です。さいきんはまいにちそつえんしきのれんしゅうです。

ある日のことでした。

「おっとっとっと、かぜがふいたぁ。」

えいたは、はると と あそびたくてわざとぶつかりました。そのひょうしにつみきががらがらがら…

「なにすんだよ!」

はると は おもいっきりつきとばしました。えいた は ひっくりかえって ありさにおおあたり。

「あーっ、えいた が ありさ をなかせたぁ。」

「はると が おしたからだろ!」

「なにいってんだよ。さいしょにおしたの えいた じゃん。おまえ、つみきなおせよな。」

ありさ はなきながらりえ先生のところへかけよりました。

「えいた、はやく ありさ にあやまれ!」

「なんだよ。はると があやまれ!」

大げんかになりました。

「やめなさーい!」

りえ先生がいっても二人はとまりません。

「えいた なんかもういっしょうあそばない!」

「はると なんかだいっきらいだ。」

「いいもん、えいた と ともだちやめた!」

つぎの日になってもふたりは口をききませんでした。そのつぎの日もおなじでした。そつえんしきのれんしゅうは、はしっことはしっこ。おたがいのすがたも見えません。

 そんなある日、りえ先生がいいました。

「きょうはタイムカプセルをつくりまーす。」

「タイムカプセル?」

「まずはおてがみをかきましょう。大きくなったらなりたいものや、そつえんのまえにおともだちにいっておきたいことをかくのよ。」

えいたとはると は かみを手でかくすようにしてかきました。

「みんなかけたかな?ではかみをびんにいれましょう。」

えいたもはると も かいたところが見えないように小さくおって入れました。りえ先生はびんをたかくあげていいました。

「はい。これでできあがり。これからこのタイムカプセルをうめにいきまーす。」

みんなじぶんのタイムカプセルをもってうらやまへむかいました。

「みんなで大きなあなをほりましょう。」

えいた は おもいきってはると に はなしかけました。

そして…

タイムカプセル懐かしいですね。ジーボの時代にもそういう話を聞きました。残念ながら自分がタイムカプセルを埋めたかは記憶にありません。以前テレビでタイムカプセルを埋めたけれどどこに埋めたかわからなくなったという話がありました。目印とか付けないものなんでしょうか?見つけられなかったタイムカプセルが何百年もの歳月を経て見つかったら未来人たちは何だと思うでしょうか?考えただけで面白いです。

えいたとはると はタイムカプセルの中に何を書いていれたのでしょうか?気になりますね。大人になってから子供の頃の手紙を読むというのはどんな気持ちなんでしょうか?子供の頃を思い出す人もいれば、今の自分を振り返って悔やむ人もいるでしょう。でも、子供の頃の元気さや純粋さを思い出して改めて前を向いて歩むきっかけになって欲しいと思います。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。