日産ジュークのデザインについての感想。いっそのことクーペにしてくれー。

今回は日産ジュークについて書きます。ジュークは2010年に当時の日本車としては珍しいコンパクトスポーツクロスオーバーとして初登場して以来、2013年と2014年に2年連続でマイナーチェンジを行い、現在に至っています。車としては7年を経過している長寿モデルと言えます。発表当時はその奇抜なデザインで注目を集め、人気もそこそこありましたが、現在はそれ程でもありません。奇抜なデザインは飽きられやすいということでしょうか?というか、7年も経っていればそんなもんですかね。

フロントデザイン

パッと見とても変わったデザインですね。左右のライトより上にグリルがあり、中央に日産Vモーショングリルと日産エンブレムが配置されています。その下には通常より高い位置にナンバープレートがあり、更に黒のアンダーガードのようなデザインがなされ、その間には丸形フォグランプがあります。

SUVらしく最低地上高が高く見えるように黒のデザインで支えられていますが、本当はこの車の最低地上高170㎜なのでそれほど高くはありません。

一方、ボンネットにはブーメラン型のターンランプがあり、他の車では見ないデザインとなっています。

ジーボはこのデザイン嫌いではありません。全体的にみるとバランスは取れていますし、多少ごちゃごちゃしていますが、良くできていると思います。

サイドデザイン

ホイールアーチ部分は必要以上に張り出し、筋肉質にみせており、ダイナミックさが伝わってきます。けれどここはジーボは好きになれません。これだけ張り出せるなら、へこんでいるドア部分も同じ張り出しにすれば、室内を広くできるのでこんなに出すことないなあと思います。

後部ドアハンドルですが、Cピラーにドアハンドルを持って行っています。カタログでは2ドアクーペに見えてスポーティーと言っていますが、ホイールアーチの張り出しが大きいので後部ドアにつけようとしても形状がいびつになり、ドアハンドルが付けにくくなったのでCピラーに持って行ったのではないでしょうか?それともその逆?Cピラーにドアハンドルを持って行くことが決まっていたから、思い切ってホイールアーチの張り出しを大きくした?どっちでしょうか?

天井は後ろに行くにしたがって傾斜がかなりかかっていて、良くありません。後部ドアの窓も小さく、窮屈そうです。

リアデザイン

ランプはブーメラン型になっていますが、光る部分はブーメランの半分だけです。配置的には見やすい高さにあります。ガラス面は後部ドアの窓とほぼ同じ高さになっていますので少な目です。ハッチの下側もまだまだ伸ばすことが出来ます。悪路走破性は最初から良くないのですから、バンパーから下をもっと下げてハッチを大きく、ガラス面も大きくして欲しいと思います。

インテリア

ダッシュボードは広くないのでAピラーとドア窓の間に不要な窓はありません。左前方の死角は少ないと思います。インパネは左右に縦型の楕円でエアコン吹き出し口(スリットは横型)、中央にはダッシュボードに埋め込まれたハザードスイッチ、その下に角をとった逆台形型のエリアがあり、そこにカーナビ、その左右にエアコン吹き出し口、カーナビの下にはインテリジェントコントロールディスプレイがあります。これはエアコンの操作モードと走行状態をビジュアル的に表示するモードを切り替えてつかうシステムになっています。見た目はカッコイイですが、一つのパネルで二つの機能を持たせるのは好きになれません。ボタン自体は大きめなので操作的には問題ないレベルだと思います。

メーター類はハンドル上半分から見える標準的なもので、左にタコメーター、右にスピードメーター、その間の隙間にインフォメーションディスプレイがあります。

その他のスイッチ類は運転席側に集められていて使いやすいです。

また、この他特徴的なのがセンターコンソールです。wikiによればオートバイのタンクをイメージしてデザインしたそうです。良い出来だと思います。

後部座席は頭上も膝前も余裕ありません。座面の長さも足りないと思います。シートの厚さも不足していると思います。長時間座っているのはとてもつらいと思います。この車は後部座席は緊急避難用ですかね。

その他

安全装備は人検知可能なエマージェンシーブレーキが標準装備されていますので、平均点と言えます。

さて、車全体を見て見ると何だかフロントばかりが大きく見えて、尻すぼみな形に見えます。前後のバランスが悪いです。内部はコンパクトですが、外は頭でっかちなでコンパクトカーというには全幅が大きすぎます。(全長は短いですけど。。。)これなら前述したように後ろを絞らず、サイドも面一にして内部をもっと広くしたほうが断然良いと思うのですが。それを行うと個性が失われますかねぇ?フロントもリアも個性的なデザインなので個性が失われることはないと思うのですが。この車もマツダの車と同じようにデザインと運転手優先で後部座席が犠牲になっている例ではないでしょうか?

次世代のジュークが現れるかはわかりませんが、出るなら後部座席に座る人のことも考えた作りにして欲しいです。でなければ、思い切ってクーペにしてくれたほうがまだ後部座席を諦められます。

主要諸元

全長 4135mm 全幅 1765mm 全高 1565mm

燃費JC08 18.0Km/l

価格 198万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。