スズキ スペーシアのデザインについての感想。安全装備の強化を望みます。

今回はススキのスペーシアについて書きます。

スペーシアは2013年にそれまでの軽スーパーハイトワゴンであったスズキパレットを引き継ぐ形で発売されました。

発売当時はまだホンダのN-BOXは販売されておらず、ダイハツタントのライバルとして投入されました。

開発時は2代目パレットとして開発されましたが、社内で試作車を見てもらった結果、広さがネーミングからイメージできればという意見が多かったことから、スペーシアとなったようです。

では、フロントデザインから見ていきましょう。

フロントデザイン

ボンネットは室内側からフロントフェイス側に向けてやや下っており、ダイハツのタントやホンダのN-BOXに比べて、少しだけ低くなっている印象です。

これだけでも車直近の見晴らしはほんの少しですが、良くなるので良いと思います。

ライトはマジンガーZかウルトラセブンみたいな形をしており、大きいです。

ライトをつなぐようにボディーカラーと同色のグリル?と真ん中にスズキエンブレム、その下に銀メッキの細いアクセントと溝があります。

バンパー部分にほぼ長方形のエアインテークがあり、ナンバープレートも運転席側に寄せて配置しています。

どちらかと言えばおとなし目な感じのデザインですが、ダイハツタントよりは男性的なデザインだと思います。

サイドデザイン

ライト端からドアハンドルを通ってリアランプまでラインが入っています。

また、バンパー部分のラインから継続してホイールアーチ、後席スライドドアの下部分までのラインもあります。

最近の車にしては地味なラインの入れ方です。

ジーボは無いほうが好きですが、このくらいならば許容範囲です。

天井はリアまでフラットになっていて機能的です。

また、Dピラーの窓も大きくて良いです。

リアデザイン

ランプは大きく、L字型で見やすい高さにあります。

ガラス面ですが、広いように見えて実際に見える範囲は角を削った逆さ台形になっているのが気に入らないです。

長方形にして欲しかった。

ハッチに関しては下側はギリギリまで開口するようになっていて良いです。

横幅も申し分ないです。

ですが、実際開けてみると、下の部分の角を丸めてあり、その分狭くなっています。

ここも直角にして欲しいです。

インテリア

ダッシュボードは広めですが、手前がわを半分削って、二段式になっています。

Aピラーとドアの間には大きな窓があり、左前方の視界を確保しています。

インパネは左右に丸形のエアコン吹き出し口、中央にカーナビとそれを挟むように横型のエアコン吹き出し口がついています。

また、その下にはインパネシフト、エアコンスイッチが並んでいます。

エアコンのスイッチは大きく使いやすそうです。

その他のスイッチ類は、ハンドル、運転席側に集められているので使いやすいです。

メータ類はハンドル上半分から見える標準的なタイプで、中央にスピードメータ、左にタコメーター、右に燃料計などが配置されています。

特に凝ったところもなく、それでいてチープ感もないので、まずまずのデザインだと思います。

その他

安全装備はデュアルカメラブレーキサポートで対人検知ができるので平均点です。

オプションなのがちょっと残念です。

また全方位モニターもオプションで選べます。

スーパーハイトワゴンでは必須アイテムだと思います。

ジーボが軽スーパーハイトワゴンで選ぶなら、スペーシアかN-BOXですね。

N-BOXには前方、後方踏み間違い防止機構があるのが良いです。

スペーシアは前方のみなのが難点です。

但し、N-BOXには全方位モニターの設定がないのがマイナスです。

安全装備でN-BOX、車の形状、全方位モニターでスペーシアが良いですね。

安全装備をもう少し強化してもらえると、スペーシアで決まりなのですが。

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1735mm

燃費JC08 32.0Km/l

価格 128万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする