ホンダ S660のデザインについての感想。ホンダファン待望の軽オープンカー。

今回はホンダS660について書きます。

S660は軽オープンカーで1996年に販売を終了した、ホンダビート以来、19年ぶりの2015年に発売されました。

19年の間に待望論が数多くあり、ホンダファンにとっては待ちに待った発売だったと言えるでしょう。

それもあってか、発売日当日に大量に注文が入った為に、納車までに最長で1年かかると言われたほどの人気でした。

では、そのデザインについてジーボの独断と偏見で思いを書きたいと思います。

フロントデザイン

スポーツカーらしくボンネットは低く、ライトは2連LEDに1つのLEDポジショニングライトがついています。

左右のライトの上半分をつなぐように3つのラインが3層に見えるように入っています。

左右ライトの下半分の間とナンバープレート付近は3つに分けられたエアインテークになっています。

グリル付近を簡単にイメージしていただくとすると、帽子を逆さにした感じです。

その帽子の上部分の高さから左右に伸びるくぼみがあり、フォグランプの設置場所となっています。

ここは黒に塗られている為、フロント全体で見た時に牙のように見えなくもありません。

ただ、ライトの表情はおとなしい感じなのでアンバランスな気がします。

ライトの内側をもう少し下げてツリ目型にしたほうが、牙が生きて勇ましい感じになったかもしれません。

サイドデザイン

サイドにはフロントライトのサイドからホイルアーチで若干曲線にして、その後、リアランプまで斜めに登っていくラインが入っています。

また、前輪後ろにはタイヤで巻き込んだ風を後ろに流す為のスリットのようなものがあります。

これに沿ってドア前方の下まで下がってその後、後輪上あたりまでラインが入っています。

この二つのラインで挟まれた部分はくぼんだ感じになっています。

更にドアの角には砲弾型で黒の加飾があります。

凝ったデザインになっていますが、ジーボはシンプルな感じが好きなのでサイドデザインはもっと滑らかなデザインにして欲しかったです。

また、後ろに行くに従って上がっていくデザインがどうもしっくりきません。

この辺りはNシリーズのエンジンを改良使用しているので形状の影響を受けているように思います。

リアデザイン

リアのランプは高い位置にあるので見やすいです。

左右ランプとその間のデザインを合わせた形は、フロントと同じように逆さ帽子の形になっています。

リアはボンネットというのでしょうか?

ボンネット上にエアダクトのように2つの装飾があります。

これがどんな意味を持っているのか想像が付きません。

ミッドシップなので本当にエアダクトなのかもしれません。

だとするとフロントデザインでエアインテークと言いましたが、間違いですね。

エンジンがフロントにはないのだからエアを取り入れる必要はないですね。

リアの下半分は黒の加飾になっており、腰高に見えないように工夫しているのが悲しいです。

インテリア

ダッシュボードはさほど広くはありませんが、強度を確保するためかAピラーがかなり太いです。

この為、左前方の視界はやや見えにくいと思います。

インパネは運転手優先です。助手席側のエアコン吹き出し口は左側にしかなく、中央側にはついていません。

中央の装飾も運転席側へ寄せるかのようにカーブしています。

その上にカーナビが取ってつけたようにあるのはカッコ良くないです。

その下には運転席側エアコン吹き出し口、更にその下にはエアコンスイッチ、その下にハザードのスイッチ等が配置されています。

その他のスイッチ類は運転席側とハンドルに集められており、操作はしやすいです。

メーター類はハンドル上半分から見える標準的なスタイルで、中央にデジタルのスピードメーター、その周囲にタコメーター、左右には水温計や燃料計などの情報が液晶で表示されています。

スピードメーターはアナログの方がカッコイイと思います。

なので、2連メータにして欲しかったです。

軽の規格内で納めるのは難しいのかなぁ。

その他

安全装備は一昔前のシティブレーキアクティブシステムです。

今となっては無いのと同じ。

早くホンダセンシングを付けて欲しいと思います。

さて、S660はジーボの興味の範疇に入るので、乗ってみたいとは思いますが、いざ買うとなるとライバルのダイハツコペンシエロを買うと思います。

理由は一つ。

S660はソフトトップだからです。

この先ハードトップが出れば、S660を選ぶと思います。

(ハードトップを外した時に置き場所がないから無理だとは思っていますが。)

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1180

燃費JC08 24.2Km/l

価格 198万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。