日産 マーチのデザインについての感想。そろそろ安全装備考えませんか?

今回は日産マーチについて書きます。

マーチは現在4代目です。

初出は2010年なので既に7年も経過しています。

昔からモデルチェンジの間隔が長く、初代、2代目と10年づつ、3代目が8年となっています。

現在ではさほど珍しくはありませんが、バブル期当時はこれだけ長いスパンでモデルチェンジが行われる車は、日本車としては珍しいことでした。

フロントデザイン

ライトはボンネットの途中から配置されており、かなり上にあります。

丸形のライトにウィンカーを含めてロケット型(かな?)になっています。

ロケット型の先端部分のわずかに下あたりから、台形にやや丸みを持たせた形でエアインテークがあり、その中央に日産Vモーショングリルがあります。

その下にはバンパーがあり、バンパーにナンバープレートが付いています。

また、ナンバープレート付近にも大型で逆台形型のエアインテークがあります。

フロントのデザインは実は2013年のマイナーチェンジで変更されています。

この時日産Vモーショングリル周りが変わりました。

その前までは上側と下側のエアインテークは調和がとれていたのですが、現在のデザインでは若干バランスが崩れているように思います。

もう少し一体感のあるエアインテークにして欲しかったです。

サイドデザイン

サイドには前後ドアの下にラインが入っていますが無いほうが良いです。

サイド全体的なイメージは先代のマーチに似ています。

特に後部ドアの半円型の形状はそっくりです。

屋根はBピラーを頂点として、後ろに行くにしたがってやや下がりぎみになっています。

リアデザイン

ランプの高さはちょうど良い高さで見やすいです。

ガラス面実際に見える範囲は小さいです。

また、下の部分を扇形にしているのが気になりました。

どうせなら台形型にしてもらったほうが、死角が少なくて良いと思います。

バンパー位置をもっと低くして、ハッチの下をもっと伸ばして欲しいです。

インテリア

ダッシュボードは狭く、Aピラーに窓がないので左前方の視界は良好です。

インパネは左右に丸形のエアコン吹き出し口、中央には横型のエアコン吹き出し口、その下にカーナビ、更に下に日産独特の丸形のエアコンスイッチが配置されています。

メーター類はハンドル上半分から見える標準的なタイプで左にタコメーター、右に水温計、中央にスピードメーターとなっています。

スイッチ類は運転席側に集められていて使いやすいと思います。

全体的にみるととても調和のとれた、インパネだと思います。

後部座席は最近のコンパクトカーには及ばず、小さめです。

それでも頭上は若干ですが余裕を持たせています。膝前は余裕はありません。

その他

安全装備は自動ブレーキの類はついていません。

この辺りやはり車が古いので対応できないのではないかと思います。

欧州では、なぜかはわかりませんが、2016年に5代目が販売されているようです。

写真等見たことがないのでどのように変わったのかはわかりません。

日本やその他の国では相変わらず4代目を販売しているのも何故だかわかりません。

もうそろそろフルモデルチェンジして安全性を高めて欲しいと思います。

主要諸元

全長 3825mm 全幅 1665mm 全高 1515mm

燃費JC08 23.0Km/l

価格 115万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。