スズキ ハスラーのデザインについての感想。クロスオーバーはやっぱり人気。

今回はスズキ ハスラーのデザインについて書きます。

ハスラーは軽クロスオーバーSUVとして2014年に初めて発売されました。

発売当初からデザインが好評で販売は絶好調。スズキの稼ぎ頭だったこともあります。

フロントデザイン

ライトは古風な丸形で瓶底眼鏡といった感じです。

その間に細い台形型のグリルがあり、中央にスズキエンブレムが付いています。

ここまでがほぼフロントの上半分です。

下半分は黒のボディーに銀メッキのバンパー、ナンバープレートが運転席側に寄せてあり、その横にエアインテークがあります。

また、最下部にはアンダーガードのような装飾があります。

フロント全体で見ると、各パーツがバランス良く配置されています。

クロスオーバーSUVでは腰高な印象になりがちですが、上半分と下半分で色分けすることで、バランスよく見えるようになっています。

ボンネットの高さはクロスオーバーSUVであるので高いです。

車前方の死角は多くなるので、全方位モニターが必需品です。(オプション設定になっていますが。)

サイドデザイン

車体下部とタイヤハウス部分は黒で統一されています。

タイヤハウス上にくぼみがつけられており、前後輪をつなぐようにラインが入っています。

また、ドア下部にもスマートに見せるためか、長方形のくぼみがあります。

ジーボの好みとしては何もない滑らかな感じのほうがよいのですが。

天井はリアまでフラットな感じは機能的でとても良いです。

リアデザイン

ランプは縦長で大きく、見やすいです。

ガラス面はリア全体で見ると小さめです。

黒の部分はフロントと同じ高さであり、銀メッキのバンパーと中央にナンバープレートといった感じです。

黒の部分が高いところまであるので、ハッチは小さめになっています。

また、クロスオーバーSUVなので、最低地上高を180mmと高くしていることもあり、リアバンパー下のスペース(デパーチャーアングル)も広くなっています。

インテリア

ダッシュボードは狭いのですが、前ウィンドに三角窓がついています。

邪魔にはなりませんが、開放感が薄れるのがちょっと残念です。

インパネはカラーパネルになっていて、遊び心のあるデザインです。

また、左右に丸形のエアコン吹き出し口、中央にカーナビ、カーナビの左右に中央側のエアコン吹き出し口が横型で配置されています。

カーナビの下には、インパネシフトとエアコンスイッチがあり、エアコンスイッチは大きめで使いやすそうです。

メータは、ハンドル上半分から見える標準的なタイプでスピードメーターとスピードメーター下のスペースに小さなマルチインフォメーションディスプレイがついています。

タコメーターはここで切り替えて表示できるようです。

スイッチ類はハンドルと運転席側、エアコンスイッチの下と三つに分かれており、ちょっと使いにくそうです。

後部座席はスライドするので、膝前、頭上とも十分に余裕があります。

シートの奥行きは不足していますが、軽では仕方なしというところでしょうか。

その他

安全装備はデュアルカメラブレーキサポートで、人検知が可能です。

ジーボがこの車を選ぶとしたら、4WDターボの全方位モニター付きですね。

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1665mm

燃費JC08 32Km/l

価格 108万から

追伸:

ところで、ハスラーの小型車版が東京モーターショーでXBEE(クロスビー)という名前で展示されているそうです。

市販のうわさもあり、注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。