ホンダ シャトルのデザインについての感想。車中泊も可能?

今回はホンダ シャトルについて書きます。

この車はコンパクトステーションワゴンでフィットをベースに開発されました。

それまで販売されていた、フィットシャトルの後継車です。

この車にもフィットの名が付くかと思われましたが、フィットとは異なる価値観を与えるためにフィットの名を付けなかったのだそうです。

なお、シャトル発表当時、フィットは品質問題でリコールを連発しており、フィットの名を付けることで販売に影響が出ることを懸念してフィットシャトルにしなかったのでは?

という話も聞きました。

真実かはわかりませんが。

また、シャトルは今年9月にマイナーチェンジが行われ、ホンダセンシングが標準装備となりました。

フロントデザイン

さて、フロントのデザインですが、ライト部分がフィットに比べて横長で細く鋭い目つきになっています。

そのライトをつなぐウィングようにメッキの加飾があり、その下にも横方向にラインが2本入ってグリルとなっています。

ウィングの中央にはホンダエンブレムがあります。

グリルの下にナンバープレートがあり、さらにその下に左右のフォグランプをつなぐようなエアインテークが配置されています。

全体としてバランスがとれたデザインとなっています。

発売当時に見た時には随分と派手なデザインだなと感じたのですが、今見るとそんなこともないですね。

サイドデザイン

サイドはフィットとほぼ同じです。

前タイヤ2時方向からドアハンドルに沿ってリアランプまでかなり堀の深いラインが入っています。

また、前ドア下から後ろドア下にも深いラインが入っています。

どちらもいらないです。

後部ウィンド、Dピラー部分はボディーラインが後ろに行くにつれ上げてあるデザインの影響で少し小さくなっています。

しかし、Dピラー部分は全面ガラスで開放感があり、良いと思います。

リアデザイン

ランプは見やすい位置にありますが、もう少し下げても良いのではと思います。

ランプの位置が高い分ガラス面が小さくなっていて視界はあまり良くないと思われます。

ハッチは開口部もぎりぎりまで大きくしてあり、とても良いです。

インテリア

ダッシュボードは広いのですが、目立たないように傾斜をつけています。

ダッシュボードを広く取っているのでAピラーがあります。

Aピラーはかなり大きめで左前方の死角をなるべくなくすように考えているようです。

インパネですが、運転席よりのデザインとなっています。

中央のエアコン吹き出し口の助手席側の形が丸みをつけたデザインの影響でやや小さめです。

その下にカーナビとエアコンスイッチがあり、使いやすそうです。

メータ類はハンドル上半分から見える標準的なもので、ハイブリッドは中央にスピードメーター、左右にインフォメーションディスプレイとなっています。

スイッチ類はハンドルと運転席側に集まっていて使いやすそうです。

ミッション部分はジーボの好みと違います。

インパネシフトにして助手席、後部座席へウォークスルーできるようにして欲しかった。

これだけ天井が高ければ十分ウォークスルーできるので。

後部座席はフィット譲りの大きさで広いです。

膝前、頭上とも余裕があり、シートの厚みも十分でゆったり座れます。

積載量も多く、後部座席を倒すと1141Lの容量になります。

長さも184cmもあり、車中泊も可能ではないでしょうか。

また、背の高い荷物を載せる際にはフィット同様、後部シートを跳ね上げ載せることができます。

その他

安全装備はホンダセンシングが標準装備で、平均点は取れています。

走りについては試乗できていないので割愛します。

フィットなみの機動性があれば、機能性、大きな積載量と、とても良い車です。これでウォークスルーができればジーボの買い物リストに入れられるのですが。

主要諸元

全長 4400mm 全幅 1695mm 全高 1545mm

燃費JC08 34.4Km/l(ハイブリッド)

価格 177万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。