各社の自動ブレーキの対応についてまとめてみた。その4 三菱・スズキ・ダイハツ編。

各社の自動ブレーキの対応について書いてきたシリーズも今回が最終回です。今回は三菱・スズキ・ダイハツの自動ブレーキの内容について書きます。

三菱

三菱の自動ブレーキの愛称は三菱e-Assistというようです。システムの構成は2種類あるようです。

三菱e-Assist(単眼カメラ+レーザーレーダー、超音波センサ、電波レーダー)

車種:アウトランダー(PHEV含む)

  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度 車両:約5~約80Km/h 歩行者約5~約65Km/h
  • 先行車両に対して回避可能な速度 速度差約50Km/h以下
  • 歩行者に対して回避可能な速度 約0~約30Km/h
  • 停止中の歩行者を検知可能
  • 移動中の歩行者を検知可能
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制装備 あり(前方・後方とも対応)

誤発進抑制装備が前後とも対応しているのはすばらしいですね。ただ、三菱の自動ブレーキがすばらしいという話は聞いたことがありません。

三菱e-Assist(レーザーレーダー)

車種:ミラージュ、eKワゴン、eKスペース

  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度 約5~約30Km/h
  • 先行車両に対して回避可能な速度 速度差約15Km/h以下
  • 歩行者に対して回避不可
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制装備 なし

うーん。これはきびしい。ほとんど役に立ちません。

スズキ

スズキには4種類も自動ブレーキがあります。まだ試行錯誤中なのでしょうか。。。

デュアルセンサーブレーキサポート

車種:ワゴンR、スイフト

  • 単眼カメラ+レーザーレーダー
  • 自車速度約5Km/h~約100Km/h(対象が歩行者の場合は約5Km/h~約60Km/h)で走行中に作動
  • 自車から見た前方車両または歩行者との相対速度が約5Km/h以上で作動
  • 停止中の歩行者を検知可能
  • 移動中の歩行者を検知可能
  • 自転車検知可能と断定できないが不可能でもない
  • 動物検知可能と断定できないが不可能でもない
  • 誤発進抑制機能あり

デュアルカメラブレーキサポート

車種:スペーシア、ハスラー、ソリオ、イグニス

  • ステレオカメラ
  • 自車速度約5Km/h~約100Km/hで走行中に作動
  • 対象が車の場合、車速が約5Km/h~約50Km/h未満であれば、衝突を回避できる場合がある。
  • 対象が歩行者の場合、車速が約5Km/h~約30Km/h未満であれば、衝突を回避できる場合がある。
  • 停止中の歩行者を検知可能
  • 移動中の歩行者を検知可能
  • 自転車検知可能
  • 動物検知可能と断定できないが不可能でもない
  • 誤発進抑制機能あり

レーダーブレーキサポート

車種:ラパン、アルト

  • レーザーレーダー
  • 約5Km/h~約30Km/hで走行中、前方車両をレーザーレーダーが検知している場合、前方車両との速度差が約15Km/h以下であれば、衝突を回避できる場合がある。
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制機能あり

レーダーブレーキサポートⅡ

車種:バレーノ、エスクード

  • ミリ波レーダー
  • 静止している車両に対して約5Km/h~約30Km/hで作動可能
  • 移動している車両に対して約5Km/h~約100Km/hで作動可能
  • 前方車両との速度差が約15Km/h以下の時は衝突を回避できる場合がある。
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制機能なし

スズキの自動ブレーキの説明が長すぎて良くわからない

「できる場合がある」

とか

「可能と断定できないが不可能でもない」

と書いてあり、どれも曖昧に書いてある。正直に書いたらこうなったのだろうけど、なんだか責任逃れのようにも見える。どこのメーカーも作動するときもあれば、条件によっては作動しない場合もあるのだから、他のメーカーと同レベルで書いて欲しい。でないと比べられない。

ダイハツ

ダイハツはCMのおかげでスマアシの認知度は高いと思います。現在はスマアシⅡとスマアシⅢの2種類があります。

スマートアシストⅢ

車種:ムーブ、タント、ミライース

  • ステレオカメラ+ソナーセンサー(リア)
  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度
    • 対車両約4~80Km/h(速度差約30Km/h~80Km/h)
    • 対歩行者約4~50Km/h(速度差約30Km/h~50Km/h)
  • 先行車両に対して回避可能な速度 約4~80Km/h(速度差約4Km/h~30Km/h)
  • 歩行者に対して回避可能な速度 約4~50Km/h(速度差約4Km/h~30Km/h)
  • 停止中の歩行者を検知可能
  • 移動中の歩行者を検知可能
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制機能あり

スマアシⅢは人検知ができるのでまずまずといったところでしょうか。

スマートアシストⅡ

車種:ムーブキャンバス、キャスト、ウェイク、ブーン、トール

  • 単眼カメラ+レーザーレーダー+コーナーセンサー(リア)
  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度 対車両約4~50Km/h(速度差約20Km/h~30Km/h)
  • 先行車両に対して回避可能な速度 約4~50Km/h(速度差約4Km/h~20Km/h)
  • 歩行者に対して回避不可
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制機能あり

スマアシⅡは今となっては使えない自動ブレーキになっています。早く全車種スマアシⅢに切り替わると良いのですが。。。

まとめ

4回にわたって国産各社の自動ブレーキの状況についてまとめてみました。皆さんが車を選ぶ際の参考になれば幸いです。また、自動ブレーキの分野は自動運転に欠かせない機能ですから、今、日進月歩で開発が進んでいます。ここで書いた情報もすぐに陳腐化することでしょう。ある程度期間をおいたらまた、まとめてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする