各社の自動ブレーキの対応についてまとめてみた。その2 ホンダ・日産編。

昨日から始めた各社の自動ブレーキの対応についてですが、今回はホンダ・日産編です。

ホンダ

ホンダには現在ホンダセンシングとシティブレーキアクティブシステムの2種類があります。

ホンダセンシング

車種:アコードヴェゼル、オデッセイ、グレイス、ジェイド、シャトル、フィット、

フリード、レジェンド、ステップワゴン、シビック(タイプR除く)、N-BOX

  • ミリ波レーダー+単眼カメラのシステム
  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度
    • 対車両 約5Km/h~、かつ速度差5Km/h以上
    • 対歩行者約5Km/h~80Km/h(シビックのみ100Km/h)
  • 先行車両に対して回避可能な速度 非開示
  • 歩行者に対して回避可能な速度 非開示
  • 停止中の歩行者を検知可能
  • 移動中の歩行者を検知可能
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制 シビック以外は搭載。N-BOXは後方誤発進機能も付いている。

非開示は対応できていないのと同じと考え、赤字にしました。

ホンダセンシングは上記のように非開示の部分があって今一つ性能がハッキリしません。なので、性能も今一つな感じを受けます。

シティブレーキアクティブシステム

車種:S660、N-BOX/、N-BOX+、N-WGN、N-ONE

  • レーザレーダー
  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度
    • 対車両 約5Km/h~約30Km/h
  • 先行車両に対して回避可能な速度 非開示
  • 歩行者に対して回避可能な速度 なし
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制搭載

こちらはホンダセンシング以前の自動ブレーキです。現在対象の車種もモデルチェンジのタイミングで全てホンダセンシングに代わっていくと思われます。

日産

自動ブレーキの話ではありませんが、日産は今、大変なことになっていますね。全車出荷停止なんて、車を注文した人達はとても困っていると思います。「やっちゃえ日産」が皮肉に聞こえます。さて、日産は名前としては1つだけですが、システムが3種類ある感じになっています。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ(ミリ波レーダー)

車種:フーガ、シーマ、スカイライン、NV350キャラバン

  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度 約5Km/h~
  • 先行車両に対して回避不可
  • 歩行者に対して回避不可
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制なし

ミリ波レーダだけだと人検知は難しいそうです。

レーダはそもそも電波を発して障害物に当たって帰ってくる電波を受信して距離を測るものですが、

人間など軟らかいものは電波を吸収してしまうので正確に測るのが難しい

とのことです。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ(カメラ)

車種:ティアナ、ノート、セレナ、エクストレイル、ジューク、リーフ

  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度 約10Km/h~約80Km/h
  • 先行車両に対して回避不可
  • 歩行者に対して回避不可
  • 停止中の歩行者を検知可能
  • 移動中の歩行者を検知可能
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制 ジューク以外は装備

モービルアイ社製の新世代カメラを使っていてこれが性能が良いそうです。具体的にはカメラの視野角が他に比べて広いのが良い点です。これにより、歩行者の飛び出しの検知をすばやく行うことができます。日産の他にマツダでも使っています。

インテリジェントエマージェンシーブレーキ(赤外線レーザレーダー)

車種:デイズ

  • 衝突被害軽減・回避支援可能な速度 約5Km/h~約30Km/h
  • 先行車両に対して回避不可
  • 歩行者に対して回避不可
  • 停止中の歩行者を検知不可
  • 移動中の歩行者を検知不可
  • 自転車検知不可
  • 動物検知不可
  • 誤発進抑制装備

これは一番初期の安い自動ブレーキですね。ホンダのシティブレーキアクティブシステムも同レベルです。

まとめ

ホンダと日産を比べると日産のカメラのシステムが優秀です。日産もホンダも外部サプライヤーから買ってくるのですが、センサーの性能で、自動ブレーキの性能の優劣も決まってしまいます。でもこの辺りはユーザーにはわかりませんね。JNCAPでは自動ブレーキの性能についてテストを行っていますので、これが参考になります。

平成29年度前期JNCAP結果が発表されました。

ジーボとしては各社が性能の良いセンサーを使ってもっと安全な車になることを期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、またの機会にお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする