ホンダ N-BOXのデザインについての感想。外見良し、機能良し、内装?

今回はホンダN-BOXについて書きます。

先日発表されたばかりではありますが、既に街中で何台も見かけています。

ニューN-BOXは二代目にあたります。

初代はモデル末期になっても軽のトップセラーとなるほどの人気でした。

二代目も初代に匹敵するほど売れるのでしょうか?

フロントデザイン

201711181042

フロントのデザインですが、ボンネットの高さが高いです。

これは初代からですが、ダイハツのウェイクと同様フロント直近に小さな子供がいたら、まず見えません。

この車もアラウンドビューモニターのような装備は必須だと思います。

残念ながら、そのような装備はこの車にはオプションとしても設定されていません。

デザインのほうは初代からのキープコンセプトですね。

ライトの間にボディカラーと同色のグリル、その下に若干エアインテークを掘り下げてあります。

そして下側は水平一直線にブラックの加飾で顔でいうと口の部分、いや違うか、顔は上半分で出来上がっていますね。

下の部分は蝶ネクタイ(蝶じゃないけど)のようなイメージでしょうか。

その蝶ネクタイの上部からライトに向かって広がるラインがはいっていてそのままサイド、後ろのランプにまでつながっています。

このラインで顔のあご部分を表しているかのようです。

ジーボの好みではサイドのラインは不要なんですが、フロントのラインをどうするか、難しいですね。

なければあごがなくなってしまうし、上手くラインを使っています。

このラインはリアのアクセントともかかわっていて一部だけ削るというわけにはいかないですね。

サイドデザイン

201711181050

サイドですがドアハンドル上にライトからリアのランプまでのライン、そして前述のラインがタイヤとタイヤの間をつなぐ、深堀のラインになっています。

ライン自身はフロント、リアのデザインと深く関わっているので不要という訳にはいかないですね。

ただ、深堀のラインはもっとシンプルなものでよかったかなと思います。

ガラス面は十分な大きさで、屋根も一直線です。全体的に見て機能的な箱型ですね。

リアデザイン

201711181041

リアのデザインはシンプルですが、良いですね。フロントからつながるラインをリアでもアクセントとして使っており、一体感が出ていて良いと思います。

ランプの造形もオシャレな感じでよいです。

ガラス面も十分に取られていますし、ハッチも可能な限り下まで開口できるようになっていて機能的です。

インテリア

201711181033

インテリアはダッシュボードが二段のように見えるタイプで、メータ類はダッシュボードに埋め込まれている感じです。

インパネにはエアコン吹き出し口が助手席は長方形、運転席側は円形と形状が異なって実装されています。

なぜこんなことになっているのでしょうか?

エクステリアと全く異なり、インテリアには統一感が全くありません。

インパネ中央にはとってつけたようなカーナビと操作するには小さすぎるエアコンのスイッチ、その下にこれまたとってつけたようなインパネシフトといった感じで、商用車をちょっち豪華にしましたというようにしか見えません。

初代がどんなものだったのかはわかりませんがもっと質感が高く見えるようにしてほしいものです。

201711181059

後部座席は広々としていますね。

膝前、頭上の余裕も問題ありません。

見晴らしも良いです。

シートも座面が大きめで背もたれも大きくゆったり座れると思います。

その他

安全装備はホンダセンシングが標準で、対人検知できるので平均点は取れています。

あと、ライト、ランプともにLEDなのが先進的ですね。

ジーボは修理の時に修理費が高くなるので好きじゃありませんが。

全体を通してして見ると機能性は上々で、見栄えも良いですが、内装はイマイチという感じです。

あくまでも標準の方だけの感想です。

カスタムも多少豪華になっていますが、同じような感じです。

走りについては先日試乗してきましたが、ジーボの走り方では軽としては静かな印象でした。

ノンターボでしたが、60Km/hでの安定走行では気を付けていないといつの間にか予想以上にスピードが出てしまうという感じで、一定のスピードで走行するのには少々手こずりました。

一部の評価ではこの車は60Km/hまでの車で、それ以上の車速では不安定と言われています。

今回は70Km/h以上は出せませんでしたが、安定した走りはしていました。

安全運転を心がけて運転している間は特に問題ないということでしょう。

しかし、緊急回避時の急激なハンドル操作などでは制御が難しいのかも知れません。

ジーボが軽の選択肢に入れるかというと、とりあえず入れます。

機能性は十分ですから、ダイハツのウェイクといい勝負です。

LEDライトでなければかなり上位に入るのですが…

さてさて二代目も軽トップセラーを続けることができるでしょうか?

今後を注目したいと思います。

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1790mm

燃費JC08 27km/l

価格 138万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする