トヨタ オーリスのデザインについての感想。ベンチマークはフォルクスワーゲン ゴルフ。

今回はトヨタオーリスについて書きます。

オーリスは欧州戦略車、欧州カローラなどと呼ばれています。

そのせいか日本での人気はなく、トヨタも積極的に販売をしているようには見えません。

欧州においては打倒フォルクスワーゲン ゴルフをスローガンにゴルフをベンチマークとして徹底的に研究したということで力が入っていました。

フロントデザイン

さて、フロントのデザインですが、ワイドアンドローといった感じで最近の車としては低めに抑えられています。

グリルにあたる部分はほとんどなく、欧州の好みにあったデザインになっていると思います。

また、全体のイメージはトヨタ カムリに近い感じですが、派手な面はなくオーソドックスなデザインです。

サイドデザイン

サイドから見ると、フロント部分が低く抑えられているのがはっきりとわかります。

こういうデザインができるのなら、ほかの車種も同じように低く抑えて欲しいと思います。

日本で販売されている車種はどうもフロント部分が高くなっており、腰高に見えるデザインになってしまっています。

話をオーリスのデザインに戻します。

サイドから見る限り余計なラインは一つも見つかりません。

とてもスッキリしていてジーボの好みに合います。

天井部分は中央から徐々に下げていますが気になるほどではありません。

ガラス面もしっかり取られており見晴らしは良さそうです。

リアのランプの位置を見るとフロントのヘッドライトの位置より上にあり、全体のバランスとしては、よくありません。

せめて同じ高さにそろえて欲しかったと思います。

リアデザイン

リアのデザインはフロントとは打って変わってアップライトな感じです。

もう少しどっしりとしたデザインにしてほしかった。

サイドデザインのところでも言いましたが、ガラス面をもっと大きくとってランプ類の位置をもう一個分下げたほうが良いと思います。

ハッチももっと下げて開口部を大きくしてほしいところです。

インテリア

インテリアですが、ダッシュボードは狭く、Aピラーはありません。

左前の見晴らしは良いです。

インパネは運転席よりによせているデザインとなっています。

中央部のエアコン吹き出し口ですが助手席側の形状がデザインの影響を受けて小さめになっています。

エアコンのスイッチは良いのですが見た目助手席側にはみ出している感じに見えてよくありません。

もう少し考えて配置して欲しいと思います。

メーター類はハンドル上半分から見える標準的なもので、右側にスピードメーター、左にはハイブリッド用のインフォメーションパネルがあります。

中央にも小さなパネルがあります。

後部座席は見晴らしは良いのですが、膝前、天井とも若干の余裕しかなく、狭い感じです。

これでフォルクスワーゲン ゴルフに勝っているとは思えないのですが。

その他

安全装備はトヨタセーフティセンスCで対人検知はできず、平均点以下です。

欧州ではこの辺りはあまり期待されていないのでしょうが、欧州戦略車ならトヨタセーフティセンスPにして欲しいところです。

走りのほうは車雑誌の受け売りですが、とてもフォルクスワーゲン ゴルフには勝てない乗り心地のようです。

まだまだトヨタはカイゼンが必要なようです。

主要諸元

全長 4330mm 全幅 1760mm 全高 1480mm

燃費JC08 30.4km/l(ハイブリット)

価格179万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。