ホンダディーラーでステップワゴンスパーダハイブリッドに試乗してきました。

今回は昨日ホンダディーラーへ行ってステップワゴンスパーダハイブリッドに試乗してきた時のことを書きます。これは以前のブログで書いている通り、愛車エリシオンの後継車としてミニバンを選ぶ場合にノアやセレナサイズのミニバンを奥さんが運転できるか?できるなら何が一番運転しやすいか?を確かめるための第三弾です。

今回はホンダということでいつもエリシオンのお世話になっているディーラーに事前に連絡して行きました。あいにく我が家のエリシオン担当のセールスさんが他の商談中ということで、手すきのセールスさんに対応してもらいました。このセールスさんですが、セールスさんの若い頃にジーボは嫌な思いをしたことがあり、できれば避けたいと思いました。しかし、セールスさんも経験を積んでだいぶ人当たりが良くなったようで、ジーボも気兼ねなく話ができるようになっていたのでほっとしました。

試乗


さて、車を用意していただいて早速試乗を開始しました。さすがハイブリッド、とても静かで滑らかな加速で進んでいきます。奥さんも試乗経験を積んでだいぶ慣れたのか、これまでよりスピードが出ていて、正直こちらが飛ばしすぎじゃないかとドキドキしました。

運転自身はスムーズにできていたのですが、駐車場で停車を試した時、奥さんが小パニックを起こしました。大きすぎてどこを見てバックすれば良いかわからなくなったそうです。モニターにアラウンドビューも表示されていたのですが、今まで使ったことが無くて、上手く適応できなかったみたいです。バックの上手い奥さんですが、かなり斜めに駐車してしまいました。ステップワゴンのハイブリッドはスパーダのみで、全長が通常のステップワゴンより長い(4760mmある)ので、バックに手こずったようです。

前回セレナの時もハイウェイスターだったので長さはさほど変わらないのになぜなんでしょうか?セレナの時は周りに車が1台もいなかったけれど、今回はかなり多くの車があるところでの駐車だったのでプレッシャーがかかっていたのかもしれません。

シートヒーター


駐車を試した後でお店へ戻る道すがら、シートヒーターがついているということで試してみました。(奥さんがです。)シートヒーターはセレナの時に存在を知って、一度試してみたいと思っていました。まだ寒くはないのでシートヒーターを使うと暑いくらいですが、奥さんはかなり気に入っているようでした。

因みにステップワゴンでは最上級グレードでないとついていないとセールスさんから聞きました。正直、ちょっとガッカリしました。シートヒーターを付けようとするだけで高くつくのはちょっと困ります。試乗を終えて軽く見積もりをお願いしました。

運転しやすいのは?


見積もりができるまでの間に奥さんに3台試乗して見てどの車が乗りやすかったか聞いてみました。答えは

「どれもあんまり変わらない。」

でした。まあ車にそんなに興味があるわけではないので、この答えも致し方無いと思いましたが、これだと絞れないなぁというのが本音です。

車種はどれが良い?


でも、ノアとステップワゴンは無いかなということは言っていました。ノアは理由が良くわからないのですが、ステップワゴンは昔からあるのが気に入らないようです。(セレナも昔からあるのですが、奥さんの感覚ですのであしからず。)後はシートヒーターをつけると高くなるのに抵抗があるようです。

これを参考にすると選ぶのは日産セレナ、トヨタヴォクシー、トヨタエスクァイアの3台から選ぶことになります。ヴォクシーとエスクァイアはノアと基本同じなので試乗はしないつもりです。この2台のエクステリアを奥さんは見ていないので、外観で順位が決まるかもしれません。そのあたりはこれからじっくり奥さんに聞いて行こうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする