マツダ ロードスターのデザインについての感想。人馬一体を目指すコンパクトスポーツカー。

今回はマツダロードスターについて書きます。

現在のロードスターは4代目になります。

人馬一体を目標として進歩し続けているロードスターですが、ジーボは初代のロードスターが出た時に非常に興味を持ちました。

発売時期とジーボが車を必要としていた時期が合わず、発売される前に別の車を購入しました。

当時発売前でしたが、既に話題になっており、タイミングが合えば購入も考えていました。

フロントデザイン

さて、フロントデザインですが、発表当時に日本人より欧米人に好まれるデザインと言われました。

ライトは控えめな感じで全体のカタマリ感の邪魔にならないような大きさになっています。

エアインテークの形は3代目とよく似ています。

3代目では笑い顔と言われて不人気でしたが、今回はそんなことは言われていませんね。

左右にあるブーメラン型の形状があまり際立たせていないのかもしれません。

ブーメラン型の形状があるおかげで全体のバランスが良くなっているように思います。

サイドデザイン

サイドデザインは余計なラインもなくスッキリしていてとても良いです。

特に言う事はありません。

リアデザイン

リアのデザインもスッキリしたデザインです。

ラインが曲線で下に下がっているのがちょっと弱い感じがします。

下のラインは直線にして安定したデザインにしたほうが良かった気がします。

インテリア

インテリアはダッシュボードが狭くなっていますが、小さなAピラーがあります。

なぜこんな小さなAピラーが必要だったのでしょうか?

201801211607

なくても問題ないと思うのですが。

インパネですが、エアコン吹き出し口が運転席側2個、助手席側1個になっています。

マツダらしく運転席優先ですね。

中央にダイヤル式のエアコンスイッチがあります。

メーター類はハンドル上半分から見える標準的なもので、中央にタコメータ、右にスピードメーター、左にインフォメーションパネルがあり、3連形状になっています。

全体的に装飾を丸形で統一してスポーティ感を出しているようです。

その他

安全装備はi-ACTIVESENSEを選択できますが、自動ブレーキはついていません。

スポーツカーであっても装備は付けて欲しいと思います。

総合的に見て悪いデザインではありませんが、ほれ込むほどでもありません。

初代のロードスターを知るジーボとしては価格も不満な点です。

初代の頃は価格も安く、コスパはとても良かったと思います。

今のロードスターと比べると限界性能は低かったでしょうが、ジーボにはそもそも限界まで引き出すような力がないので、コスパの良いスポーツカーが好きです。

主要諸元

全長 3915mm 全幅 1735mm 全高 1235mm

燃費JC08 17.2~18.8km/L

価格 250万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする