マツダ アテンザのデザインについての感想。マツダフラッグシップ。

今回はマツダ アテンザについて書きます。

アテンザはマツダのフラッグシップで現在のモデルは三代目になります。

このアテンザはSKYACTIVE TECHNOLOGYを全面採用し、デザインテーマ「魂動(鼓動)」を採用した最初の車です。

セダンとワゴンがありますが、今回はセダンのデザインについて書きます。

フロントデザイン

見た目はアクセラとほとんど変わりません。(というか、こちらのほうが先なのですが。)

ライトにつながっている銀メッキのウイング部分が若干変わっています。

バランスはとれていて良いデザインになっていると思います。

サイドデザイン

フロントから前部ドアにかけてタイヤに沿ったラインが深く入っています。

また、前部ドア下から後部ドアにかけてラインが入っています。

下のラインは不要ですし、タイヤに沿ったラインはもう少し目立たないように処理できないのかと思います。

全体的には流麗で良いデザインですが、後部ドアの後方が下がっているのが良くありません。

天井の傾斜をもう少し減らしてほしいです。

リアデザイン

ランプは大きく見やすいです。

天井に傾斜が入っているためリアウインドの上部が低くなっており、視界は少な目です。

かっこは良いのですが、機能性はやや劣るといった感じです。

全体的にスポーティーなイメージがあります。

バンパー下を黒くしてスリムに見せているためだと思います。

この部分を無くせばバンパーが下に下がってトランルームの開口部をもっと広くできると思います。

インテリア

インテリアですが、ダッシュボードは標準的なものでAピラーが必要なく、左前方の視界も良好です。

インパネ中央にはマツダコネクトとエアコンが装備されています。

聞くところによるとマツダコネクトは使いづらいようです。

エアコンは吹き出し口も十分で操作性も良さそうです。

メーター類はハンドル上半分から見える標準的なもので3連メーターとなっています。

左が、タコメーター、中央にスピードメーター、右側にインフォメーションディスプレイがついています。

後部座席は全幅が1840mmもあるので横方向は十分な余裕があります。

膝前、天井はやや窮屈な感じです。

窓は天井の傾斜にそって小さくなっており、見晴らしも今一つと言えます。

その他

安全装備ですが、i-ACTIVESENSEで対人自動ブレーキが付きます。

このi-ACTIVESENSEはスバルのアイサイトに匹敵するものとジーボは思っていました。

しかし、最近車雑誌をみたところ、アイサイトは自転車にも対応できますが、i-ACTIVESENSEは自転車には対応できないとわかりました。

早く自転車にも対応できるようになって欲しいものです。

主要諸元

全長4,865mm  全幅1840mm 全高1450mm

車両重量1540kg(セダン)

価格はおよそ280万(2.0ガソリン)から。

燃費はJC08で19.6(ディーゼル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。