スズキ アルトのデザインについての感想 機能的なエクステリアが良いです。

今回はスズキ アルトについて書きます。

アルトはスズキの伝統ある車種です。

ここしばらくはハイト系軽自動車が人気の為、存在感が薄れていましたが、最近は少しだけ持ち直してきた感じがします。

フロントデザイン

さてフロントのデザインですが、全体のイメージはドクロのような感じです。

見た目がドクロの目のようなライト、その鼻となるスズキのエンブレム、口の部分にあたるエアインテークとバランスがとれていて良いです。

サイドデザイン

サイドはフロントドア中央下からリアタイヤに向かってラインが入っていますが、このくらいは問題ないと思います。

気になるのはリアドアのウインド後ろのBピラーです。

Bピラー部分の下が傾斜していますが、この部分がすんなり下に下がっていればBピラーも必要なくなり、ウインドの開閉部分も大きくできるのに残念です。

天井部分は今時のはやりと異なりフラットになっていて良いです。

リアデザイン

リアのデザインはガラス面傾斜している為、今のサイズになっていますが、傾斜がなければもっと大きくできたと思います。

開口部は横方向は最大限に広くなっていて良いです。

下方向もできる限り広げたのだと思います。

しかしそのためランプの位置がかなり下になっています。

ハッチにランプを埋め込むことはできなかったのでしょうか?

コストがかかるからダメ?

インテリア

インテリアはダッシュボードは狭く、Aピラーはありませんので左前方の視界は良好です。

中央のエアコン吹き出し口はデザイン重視でちょっと小さく縦型なので風は出にくいのではないでしょうか。

スイッチ類は運転席から届く範囲に収まっています。

メータはハンドル上半分から見える標準的なものでスピードメータのみです。

必要最小限といった感じですね。

後部座席は見晴らしが良く、天井、膝前もそこそこゆとりがあります。

しかし、シートは薄く、ホールド感はありません。

分割可倒式も採用されていません。

価格が安い分色々な面でコストダウンされていますが仕方がありません。

後部座席を常時使用するという方は他の車種を選んだほうが良いように思います。

アルトの価格は847,800円からでふた昔ぐらい前の価格ですね。

この値段だと上記のような装備になってしまうのですね。

もう少し価格を上げても装備を充実させたほうが良いと思いますが。

せっかくエクステリアはジーボ好みの機能的な形なのにもったいないです。

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1500mm

燃費JC08 37.0Km/l

価格 85万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。