ダイハツ タントのデザインについての感想 N-BOXに負けるな

今回はダイハツ タントについて書きます。

タントは確か現在三代目になります。

初代は後部ドアはヒンジ式のドアで二代目は助手席側がピラーレスドアとスライドドア、運転席側はヒンジ式でした。

三代目から両側スライドドアとなり、ホンダのN-BOXが現れるまでスーパーハイトワゴン軽のトップセラーでした。

フロントデザイン

さて、フロントのデザインですが、ライトは大きく、そのライトをつなぐように銀メッキでラインが入っているのがグレードX、グレードGやターボ車はラインではなくグリルがついています。

その下に大きなエアインテークがあります。

Xはどちらかというと女性向、Gはどちらかというと男性向きな感じがします。

いつも言うことですが、ライトはもう一つ分下に下がらないですかね。

下に下げてその分ボンネットを傾斜にすれば車の前方直近が良く見えるようになるのに。

エアインテークを半分くらいにすればグリルも付けられるし、言うことないのですが。

サイドデザイン

サイドは前タイヤのホイールアーチとそこからリアまで伸びるライン、ライト端からリアのランプまで伸びるライン、前のドア下から後ろのドア下まで伸びるラインの3つがあります。

どれもなくていいです。

残すならドア下のラインでしょうか。

窓は大きく言うことなしですね。

リアデザイン

リアはランプは標準ですが見にくいということはありません。

何となくですが華がないデザインだと思います。

しかし、ガラス面も開口部もしっかり広くとても機能的です。

インテリア

インテリアはダッシュボードは大きく、センターメータが格納されています。

しかし大きなAピラーがあり、死角を最小限になっています。

この形のAピラーはスズキやホンダでも採用されていますが、本家はダイハツのタントです。

スイッチ類はエアコンのスイッチが少し遠いようですが、スイッチは大きく、使いやすそうです。

後部座席も広々としており、ガラス面も大きいため、圧迫感もなく、見晴らしは上々です。

その他

安全装備は最新のスマアシⅢで、人検知のできる自動ブレーキ付きですので平均点はとれています。

踏み間違い防止装置も前後ともについているので安心です。

走りについては未試乗なので割愛します。

これでなぜN-BOXに勝てないのか?

やっぱりデザインでしょうかね?

そういえば昨日フルモデルチェンジしたN-BOXの発表がありました。

今後もN-BOXの天下が続くのか楽しみなところです。

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1750mm

燃費JC08 28.0Km/l

価格 122万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。