2017-09

ダイハツ

ダイハツ ムーブキャンバスのデザインについての感想。タントとどこが違うの?

今回はダイハツ ムーブキャンバスについて書きます。 この車タントとどこが違うのでしょうか? カタログを見て比べると、タントは子供がいる奥様をターゲットにしているのに対して、ムーブキャンバスはおひとり様をターゲットにしているようです。 これは...
スズキ

スズキSX4 S-CROSSのデザインについての感想。これがスズキのクロスオーバー。

今回はスズキSX4 S-CROSSについて書きたいと思います。 SX4 S-CROSSは6月にマイナーチェンジを行ったばかりです。 WikiによればCVTから6速ATという異例の変更がされています。 これはSUVとしての性能向上を狙ったもの...
ニッサン

日産 シーマのデザインについての感想。クラウンとは違った高級セダンの姿。

今回は日産シーマについて書きます。 シーマはバブル全盛期の1988年に発売され、高級感がありながら強烈な速さを併せ持つ車でした。 高級車であったにもかかわらっず当時爆発的な人気をほこり、「シーマ現象」という言葉ができるほどヒットしました...
スバル

スバル レガシィB4のデザインについての感想。スバルフラッグシップ

今回はスバルレガシィについて書きます。 現在のレガシィは6代目で、スバル最高峰のモデルです。 これまであったレガシーツーリングワゴンはなくなり、レボーグに引き継がれました。 これによりセダンのB4とワゴンとSUVのクロスオーバーである...
マツダ

マツダ アテンザのデザインについての感想。マツダフラッグシップ。

今回はマツダ アテンザについて書きます。 アテンザはマツダのフラッグシップで現在のモデルは三代目になります。 このアテンザはSKYACTIVE TECHNOLOGYを全面採用し、デザインテーマ「魂動(鼓動)」を採用した最初の車です。 セダン...
絵本

絵本 デビット・マッキーさんの「せかいでいちばんつよい国」と塚本やすしさんの「やきざかなののろい」を紹介。本当の意味で強い国とは?と嫌わないでくれー。

皆さんこんにちは。ジーボです。 今回はデビット・マッキーさん作の「せかいでいちばんつよい国」と2014年、塚本やすしさん作の「やきざかなの のろい」です。 「せかいでいちばんつよい国」 この本の原本は2004年に発行され、日本では2...
ホンダ

ホンダ シビックのデザインについての感想。また日本で売るって。

今回はホンダ シビックのデザインについての感想を書きます。 シビックは今年7月に7年ぶりに日本での発売が発表されました。 日本からいなくなってもうそんなに経っているんですね。 今回のモデルは10代目となります。 ハッチバック、セダン...
ニッサン

日産ディーラーでセレナに試乗してきました。

今回は先日日産のディーラーへ行ってセレナに試乗してきた時の事を書きます。試乗の理由は以前にトヨタカローラ店へノア ハイブリッドの試乗に行ったことを書いたブログの通り、ノアやセレナサイズのミニバンを奥さんが運転できるか?できるなら何が一番運転...
ダイハツ

ダイハツ キャストスタイルのデザインについての感想 ミラジーノを思い出す外観。

今回はダイハツ キャストスタイルのデザインについて書きます。 キャストは三つのタイプに分かれています。 キャストスタイル、キャストアクティバ、キャストスポーツです。 ジーボの想像ですが、キャストスタイルはスズキラパン、キャストアクティバはス...
トヨタ

トヨタ ヴィッツのデザインについての感想 マイナーチェンジでデザインが大幅に変更

今回はトヨタ ヴィッツについて書きます。 トヨタヴィッツは現在三代目ですが、三代目は既に2回目のお色直しをしています。 2010年に発売ですから、不思議はありませんね。 今回は追加モデルとしてハイブリットが追加されました。 欧州では...
スバル

スバル フォレスターのデザインについての感想。悪路走破性は抜群。

今回はスバル フォレスターについて書きます。 現在のモデルは4代目で2018年には5代目が登場する予定です。 ジーボは2代目までのフォレスターが好きでした。 四角いボディで運転席の位置は普通車と同等だけれども車高は少しだけ高くとても気...
トヨタ

トヨタカローラ店でノア ハイブリッドに試乗してきました。

今回は先日トヨタカローラ店に行ってきた時のことを書きます。事の発端は愛車ホンダ エリシオンもそろそろ買い替えを検討しようかという話になったことです。とりあえず次もミニバンでないとダメという事だけは決まっています。今のエリシオンはサイズが大き...
絵本

絵本 新美南吉さんの「ひろったらっぱ」を紹介。非戦の思いを込めて

皆さんこんにちはジーボです。 今回のお話は2016年発行、新美南吉さん作、鈴木靖将さん絵の「ひろったらっぱ」です。 あらすじ まずしい男の人がいました。 まだわかいのにおとうさんもおかあさんもきょうだいもなく、ほんとうにひとりぼっち...
マツダ

マツダ CX-3のデザインについての感想。シティ派SUVだから悪路は期待しないでね。

今回はマツダCX-3について書きます。 CX-3はSUVのイメージとデザインになっていますが、ほとんど見かけだけでシティ派クロスオーバーとなっています。 トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルと同じタイプの車ですね。 ちょっとした雪道はと...
タイトルとURLをコピーしました