日産デイズルークスのデザインについての感想 奥様目線で作った車

今回は日産デイズルークスについて書きます。

デイズルークスは日産のスーパーハイトワゴン軽で三菱自動車のekスペースと兄弟車にあたります。

2016年12月に発売されましたが、三菱自動車の燃費計測不正のあおりを受けて販売できない時期もありました。

ターゲットとしているのは女性でしかも奥様。

20種類の色を選べ、ツートンカラーも選べます。

女性が気になる点に着目した装備をそろえる等も行っています。

フロントデザイン

ではフロントのデザインを見てみましょう。

大きなライトに日産エンブレムを中央にしてグリルがあり、ライト同士をVモーショングリルでつないでいる感じです。

バランスが取れていてどっしりとしたデザインです。

これはこれで良いのですが、欲を言えばライト1個分下に下げて、ボンネットも低くしてほしいです。

こうすれば車近辺の前方が良く見えるようになると思います。(最近はアラウンドビューモニターのような便利なものがあるので車近辺の視界についてはあまり気にかけないのかもしれませんが。)

サイドデザイン

サイドはライトから後部ドアへ流れるラインと前部ドア下からリアランプへ流れるラインの二つが特徴になっています。

このラインの入れ方は他の車でもあったような気がします。

流行りなんでしょうがいりません。

サイドで良いところはドアのガラス面が広くとられている所です。

普通ならボンネットのライン上に合わせてガラス面が決められているところです。

日産はミニバンのセレナでも行っていますが、ボンネットより下の位置まで広げています。

これによりサイドの見晴らしは良くなっていると思います。

リアデザイン

リアはランプ縦長で標準的な感じです。

ガラス面は十分な広さを取っていると思います。

開口部については大きく、できる限り広くしているように思います。

インテリア

次にインテリアですが、ダッシュボードは狭いように見えて広いです。

メータ類やカーナビが内蔵されている部分の先に平面のデットスペースができています。

この為、大きなAピラーが付けられています。

Aピラーが大きいので左前の視認性はまずまずです。

中央部のエアコン吹き出し口がなぜか左右非対称の形になっています。

運転席側に寄せている感じを出したかったのでしょうか?

よくわかりませんが、左右対称にしたほうが落ち着いた感じになると思います。

エアコンはタッチ式のスイッチになっています。

個人的にこのタイプのスイッチは嫌いです。

押しても反応しなくなった時に強く押してなお不具合が悪くなる気がするのです。

メータ類はハンドル上半分から見える標準的なタイプで、スピードメーターとタコメータが付いています。

後部座席はとても広いです。

膝前も頭上も余裕があります。

ガラス面も広いのでとても見晴らしが良いです。

但し、背もたれは低めでゆったりと座れません。

もう少し高くしたほうが良かったと思います。

その他

安全装備はエマージェンシーブレーキという自動ブレーキはありますが、人は対象外なので平均点以下です。

踏み間違い衝突防止アシストも前方向のみの為、改善の余地があります。

走りについては未試乗の為、割愛します。

ジーボのスーパーハイトワゴン軽の理想の形は昔あったミニカトッポです。

背が高くてそれでいて着座位置が普通車並みなのが良いです。

でも「スーパーハイトワゴンだったら、上からの見晴らしが良くなくっちゃ」という人のほうが主流なのでミニカトッポのような車は今後も出てこないだろうと思っています。

主要諸元

全長 3395mm 全幅 1475mm 全高 1620mm

燃費JC08 25.8Km/l

価格 114万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。