テレビの思い出について書いてみた。ウルトラマン、仮面ライダーは今も新作が放送されていますね。

8月26日(土)にフジテレビ系列でヒーロー・ヒロインランキングという番組を放送していましたね。

そこで今回はジーボの思い出のテレビ番組について書きます。

記憶を可能な限りさかのぼって見た記憶がある一番古い番組は恐らく「ウルトラマン」ですね。

うっすらとしか記憶にないですが、当時15型くらいの白黒テレビで見ていたと思います。

その後で覚えているのは「キャプテンウルトラ」ですね。

「ウルトラセブン」の後をついで始まった番組でした。若き日の小林稔侍さんが出演されていたのは後から知りました。

「ウルトラセブン」については全く記憶にありません。

ちょっと暗い感じで宇宙人が毎回出てくることで怖くてあまり見なかったのかもしれません。

円谷プロ系以外ではレースアニメの「マッハGoGoGo」などを見ていました。

ここまではうろ覚えなのですが、これ以降はハッキリ覚えています。

小学1年生になる時にちょうど我が家に20型のカラーテレビが入りました。

この時「帰ってきたウルトラマン」の放送が開始され、夢中で見ていました。

このころはジーボは民放がいくつもあるとは知りませんでした。

見られるのはTBS系の1局しかなかったのです。

ところが、学校で見たことのない「マジンガーZ」の話題が出て、他にもテレビ局があることを知りました。

ジーボの家で民放が1局しか見られなかったのは実はUHFのアンテナがなかった為でした。

5才頃にはUHFでフジテレビ系テレビ局が開局していましたが、「マジンガーZ」の放送が開始されるまで3年間も知らなかったことになります。

その後UHFのアンテナが付き、民放2局を見られることになりましたが、日テレ系とテレ朝系が見られませんでした。

日テレ系が見られるようになったのは1990年、テレ朝系が見られるようになったのは1991年のことでした。

マジンガーZの放送開始が1972年なので18年の間、民放は2局だけだったということになります。

民放が2局だけだったとはいえ、「宇宙戦艦ヤマト」や「機動戦士ガンダム」などは見ることができました。

番組を買ってきて放送していたからですね。

今なら「ポケットモンスター」などはこちらではテレ朝系民放が番組を放送しています。

ジーボが小学生の頃は高度経済成長期でアニメや特撮などはどんどん作られて放送されていました。

毎日アニメ番組や特撮があり、見るものに困りませんでした。

むしろ時間が重なってどちらか一方を選択しなければならない時は本当に困りました。

当時はまだビデオもなかった時代でしたので学校でTVの話をするとA派とB派みたいに分かれてしまい、時にはどっちがいいかで言い合いになることもありました。

具体的な例であげると「シルバー仮面」と「ミラーマン」は放送時間が重なっていたので両派でどっちがいいだのこっちが面白いだの言い合いがありました。

昔は娯楽と言えばテレビ、ラジオだけでしたが、今はゲームやYouTubeなど色々な娯楽があります。

こうした中では視聴率が年々減少していっても不思議はないですね。

最近は年を取ったせいかテレビがほとんど面白くありません。

テレビっ子世代としてはもっと面白い番組を作ってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。