トヨタ ハリアーのデザインについての感想 マイナーチェンジで2.0リッターターボを追加

今回は6月にマイナーチェンジしたトヨタ ハリアーについて書きます。

ハリアーといえばSUVの先駆者と言え、昔からオンロードもオフロードも対応した車でした。

現行のモデルになってダウンサイジングされ、ジーボがいうのも何ですが、以前よりはサイズが小さくなったのは残念なところです。

普通ダウンサイジングというと車体が小さくなるのではなくて、エンジンだけ小さくなるものですが、ハリアーは車体まで小さくなりました。

今回のマイナーチェンジでは2.0リッターターボが追加されたことが目玉になっています。

デザイン的には変更は無いようです。

フロントデザイン

フロントのデザインはスッキリとしてバランスは悪くないと思います。

エアインテークはちょっと大きいか。

中央にあるハリアーのエンブレムは良いのですが、その左右はもう少し華があっても良かったかなとも思います。

サイドデザイン

サイドは余計なラインもなくスッキリしていて良いです。

Dピラーの形がもっと大きくなればもっと良いと思います。

リアガラスの傾斜と同じ角度で四角形にして欲しかったです。

リアデザイン

リアも全体的にバランスがとれています。

ランプは大きく見やすいですね。

ガラス面もしっかりとられています。

開口部はもう少し下まで下げて欲しいと思います。

リアの下側は上方に上がっていくような形になっているため、今の開口部になっているのでしょうが、ここをストンと落とした感じにすれば開口部を広くでき、積載量も増やせたでしょう。

エクステリアの全体のイメージはシックな大人のスペシャリティーカーといった感じでしょうか。

今はやりのケバイ路線とは真逆な路線ですがジーボは好きです。

インテリア

インテリアはというとプレミアム感のある質感の高い内装になっています。

ダッシュボードは狭くAピラーが存在しないので見晴らしは上々です。

センターには大型のカーナビが付いており見やすいですね。

反面エアコンのスイッチが小さくて使いにくそうでした。

メータ類はハンドル上半分から見える標準的なタイプですが、ハイブリッドは専用のメータとなるようです。

後部座席は頭上にやや余裕があるものの膝前は少し狭い感じです。

座面の厚さも薄めで座り心地は固い感じです。

その他

安全装備はトヨタセーフティセンスPが標準装備されています。

人に対しても反応する自動ブレーキが付きますので平均点はとれています。

走りについては車雑誌の受け売りですが、ターボは3.5リッター級のトルクを発揮し、1.7トンもある車重をものともせずゆとりの運転ができるようです。

動力性能だけで言えばハイブリッド以上ということです。

一方ハイブリッドは電動アシストで小気味よくキビキビと走ります。

街中ではやはりハイブリッドが有利です。

2.0リッターNAもありますが、坂道などではパワー不足を感じる場面もあるのでターボかハイブリッドかを選んだほうがよさそうです。

試乗してみてどちらが自分にあっているか確かめてみると良いと思います。

主要諸元

全長 4725mm 全幅 1835mm 全高 1690mm

燃費JC08 21.4Km/l(ハイブリッド)

価格 295万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。