ホンダ フィットのデザインについての感想 マイナーチェンジでホンダセンシングを搭載

今回は先日マイナーチェンジしたホンダ フィットについて書きます。

現行のフィットは三代目になりますが、デビュー時に購入した方は大変な目に遭ったと思います。

ホンダは度重なるリコールで信用を失墜し、フィットも初代、二代目と順調に台数を伸ばしてきていましたが、三代目はリコール問題で生産が停止するなどで、スタートダッシュに失敗しています。

そんな中でのマイナーチェンジはどのように変わったのでしょう?

フロントデザイン

201801281327

デザイン上はフロントのナンバープレートあたりがボディカラーと同じ色のバンパーに変わったことぐらいで大きな変更はないようです。

グリル下のラインですが、下にせり出すのではなく上のラインと並行だった方がよかったのではないでしょうか?

あるいはせり出すのであればもっと鋭角に角のあるラインにしたほうが良かったようにも思います。

サイドデザイン

201801281327

サイドは変わっていませんが、変なラインが二本入っているのが良くありません。

特に上のラインは不要だと思います。

後部ドアのウィンドはボディーラインが後ろに行くにつれ上げてあるデザインの影響で少し小さくなっているのは残念です。

リアデザイン

201801281328

リアのデザインはランプも大きく上から中間まで伸びており、とても見やすそうです。

ガラス面も十分とってあるように思います。

開口部は下の部分が絞られているのが不満です。

ランプの部分がデザイン上、内にきているので、その部分はやむなしとしてその下の部分は垂直に下がって欲しかったです。

インテリア

内装ですが、コンパクトカーとしてはそこそこの質感を出していると思います。

ダッシュボードは小さめですが、Aピラーが存在しています。

ダッシュボードに空調の吹き出し口が埋めこまれている感じなので小さく見えるだけなのかもしれません。

Aピラーは大きくとってあり、左前の視界は少しだけ見える感じです。

インパネは中央のカーナビ部分、エアコン操作部分をやや運転席側角度をつけてあり、操作はしやすそうです。

メータ類はハンドル上半分から見えるもので、中央にスピードメータ、その左右に各種情報が表示されるようになっています。

後部座席はコンパクトカーとしては広々としています。

頭上も十分に余裕があります。

シート座面が、シートアレンジの影響で薄めになっているのが残念です。

しかし4mを切るこのサイズで160cm×82cmの自転車が後部座席をたためば搭載できるのですから驚きです。

その他

安全装備は今回のマイナーチェンジでホンダセンシングを搭載しており、対人対応の自動ブレーキなので安心です。。(と思っていたら、車雑誌を見ると歩行者に反応すると言っても止まっている歩行者だそうで、動いている歩行者は認知できないようです。残念。8月21日追記)

走りのほうは試乗していないので何とも言えません。

試乗したら追記したいと思います。

改めてフィットを見てみると使い勝手はとても良さそうです。

以前コンパクトカーを選ぶ時にフィットを敬遠していましたが、やっぱりフィットは良いですね。

コンパクトカーを選ぶなら候補の一つになります。

主要諸元

全長 3990mm 全幅 1695mm 全高 1525mm

燃費JC08 37.2Km/l(ハイブリッド)

価格 143万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする