日産エクストレイルのデザインについての感想 自分オンロードもオフロードもいけますけど。

今回は日産エクストレイルについて書きます。

エクストレイルは現在三代目ですが、二代目までは本格的なオフローダーに迫る悪路走破性を重視していましたが、三代目になって無骨なデザインからSUVらしくスマートな外観となりました。

発売は2013年の12月になりますが、先日何度目かのマイナーチェンジがおこなわれ、自動運転のプロパイロットが装備されました。

エクステリア

フロントのデザインは銀メッキの日産Vモーションが大きくなり、ナンバープレートまでグリルが深堀されたことで精悍で以前よりかっこよくなりました。

リアのデザインは大きな変更は無いようです。

ランプは大きく見やすく、ガラス面は標準的な感じです。

もう少し大きくしてほしいです。

開口部はできる限り大きくしている感じが出ており、納得できる広さです。

サイドについては目立ったラインもなくスッキリとしていてとても良いです。

ドアのウインドも最近のはやりを追うことなくフラットな形状なのが好印象です。

インテリア

インテリアもジーボ好みです。

ダッシュボードは狭くAピラーが存在しないので左前方も見やすいです。

エアコンは日産得意の円形のタイプではなくオーソドックスなものになっています。

メーター類もハンドル上半分から見える普通のタイプです。

スイッチ類も運転席にまとまっていて操作しやすそうです。

後部座席も窓は見晴らしも良く、ひざ前の空間、頭上の空間も十分あり、ゆったり座れそうです。

写真は7名乗車タイプのものですが、三列目は緊急時のみの使用を考えたほうが良いと思います。

窮屈で長時間乗るのは難しいと思います。

その他

安全装備は対人自動ブレーキを装備していますので安心です。

燃費はハイブリッドで20km/lなので良いほうでしょう。

走りについては試乗していないので何とも言えませんが、車雑誌によればやや安っぽさを感じる乗り心地のようです。

この車が街乗りも意識しているのは装備からもわかります。

例えば今回採用したプロパイロットなどは高速道路でしか使用できないのですから。

このほかインテリジェントパーキングアシストなど、街中で使って便利な機能を用意していることからもわかります。

ハイブリッドも用意されているのもオンロードを意識したものと考えられます。

かといって、悪路走破性もおろそかにせずキッチリと仕上げているので従来のエクストレイルユーザーも満足させることでしょう。

主要諸元

全長 4690mm 全幅 1820mm 全高 1740mm

燃費JC08 20.8Km/l

価格 255万から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。